ブログ「さいんぽすと」が4歳になりました!

スポンサーリンク

当ブログをいつも読んでいただき、ありがとうございます。

2012年8月30日にブログ「さいんぽすと」が誕生して、昨日で4年になりました。

【参考】新たにブログを開設しました!

この記事で791本。昨年から更新頻度を上げて大幅に増えました。

ブログ名がひらがなになったり、ハンドルネームやアイコンがコロコロ変わったりしましたが、今も4年前と同じ場所で発信し続けています。三日坊主の私にしては快挙といっていいでしょう。

4年の間には、更新頻度がものすごく低い(月1ケタ)時期もありましたが、不思議と「ブログをやめよう」と思うことは一度もありませんでした。

ブログを続けられた理由

私の中に「ブログをやめる」という選択肢がなかったのは、ブログをやる理由がはっきりしていたからです。

【参考】どうしてブログを書いてるの?

私がブログをやる理由は、PVでも収入でもなく(レンタルサーバー代をブログの収入でまかなえていたのは無視できないけど)、ここが唯一言いたいことを言える場所だからです。

Facebookでは知り合いの顔が浮かんで言いたいことは言えないし、Twitterでは文字数の制限があって言い足りません。

自分の考えや経験をまとめて、読者に伝えることができるのが、ブログを続けられる理由です。

ブログなしでは、それを達成できません。

ブログで起こった変化

ブログを続けるうちに、自分自身と周りの環境が大きく変化していきました。

行動が早くなった

ブログを書き続けるにはインプットが欠かせません。インプットとブログのアウトプットを繰り返すことで記事を量産していきます。

このサイクルを繰り返していると、ブログを続けられるだけでなく、自然と自分自身が成長していくのです。

私の場合、主に行動力が向上しました。「行動が早い」と評されるくらいに。

【参考】行動力を上げるために、自分の中にあるワクワクに火をつけよう!

広島ぶろがー会を立ち上げた

最初は、一人でもくもくとブログを書いていましたが、広島ぶろがー会を作り、たくさんのブログ仲間に出会えました。

一人で自宅にいながら書けるのがブログの利点ではありますが、人に会うことでさらに楽しさが加速していきます。

アシタノレシピの執筆メンバーになった

まさかのアシタノレシピの執筆メンバーになりました。

【参考】アシタノレシピの執筆メンバーになりました!自分を好きになれた経験をシェアします!

このブログを毎日更新し続けた経験があったので、隔週というの執筆間隔に自信を持つことができています。

文章を書くことが楽しくなった

ブログを始めた当初は、書くことが苦手で、自分の文章に自信がありませんでした。

文章を書く技術も未熟で、今より少ない文字数で時間もかかっていました。

4年続けた今は、純粋に書くことが楽しいと感じています。

まだまだつたない文章ではありますが、これからも楽しみながら、自分らしい文章に磨きをかけていきたいです。

ブログの魅力

ブログをやっていてよかったなと思う瞬間は、私の記事を読んで行動してくれる人がいたときです。

コメントもうれしいけど、実際に行動してくれることはその数倍うれしい。思わずニヤけてしまいます。

私の頭の中を投影したブログが、読者が行動するきっかけになることは、ブログを続ける強いモチベーションになります。

ブログのこれから

このブログは、10年は続けるつもりで書いています

【参考】10年先のブログの夢を叶えるため、今日も書き続ける

それを考えると、まだ折り返し地点にも到達していません。10年は長いですね。

私の成長や変化、環境によって記事の内容は変わっていくかもしれませんが、書くことを楽しむという方針は変えることなく、これからも毎日コツコツ書き続けていきます。

あとがき

ひとつ言えることは、ブログをやっていると想像もつかないようなことが起きる、ということ。

どこに行き着くのかは分からないし、分からないことが楽しいのです。

今の自分の想像できる範囲なんてせまいもの。未来はもっともっと広がっていて、あらゆる可能性が内在しているのです

これからもよろしくお願いします!

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。