「箸よく盤水を回す」行動することの重要性を説く言葉

スポンサーリンク

箸よく盤水を回す」という言葉を知っていますか?

この言葉、数年前に社内の文書で初めて知ってからずっと頭の片隅に残っていて、行動する意欲を掻き立ててくれています。

「行動力がある」と言われることが増えたのは、この言葉のおかげです。

【参考】行動力を上げるために、自分の中にあるワクワクに火をつけよう!

「箸よく盤水を回す」の意味

この言葉の意味を説明します。

イメージしてみてください。

大きなたらいに水をたっぷり注ぎます。

たらいの水は揺らめくことなく静かです。

箸を一本持ち、たらいの水に入れて一周まわしてみると、箸が水をかき分けるだけで、すぐに静かな水面に戻ります。

次に、箸を水に入れて何度も何度もぐるぐるとまわします。

1回や2回まわしただけでは変化はありませんが、何度もかき混ぜていると、ゆっくりとたらいの水全体が回りはじめ、やがては大きな水流が発生します。

大きな渦となった水は、もはや箸を動かすのをやめても止まりません。というお話。

この話の意味するところは、「すぐには効果が見えないけれど、行動し続けていれば、やがて大きな変化になる」ということです。

行動すると人生に流れが生まれる

人生もたらいと同じようなもの。

箸が自分であり、水をかき混ぜるのが「行動すること」です。

行動すると小さな流れが生まれます。最初は、流れというより水面の乱れといった方がいいくらいでしょう。

行動しているのに、全然変化が見られないというのが、この段階。変化がないから続けるのがイヤになってしまうのです。

でも、ここで行動をやめてしまえば、せっかくの小さな流れは止まってしまいます。目には見えないけれど、水面下では静かに流れは起こっているのです。

行動し続けていると、だんだんと目に見える変化が起きるようになり、次第に大きくなっていきます。

その頃には、自分が行動する以上の変化が起きていて、その大きな流れに身をまかせることができます

今、私自身この流れを実感しています。おもしろいことが向こうからやってきて、それに飛び乗るという感じです。

あとがき

どんな変化が起きるか分からないけど、行動していれば変化が起きます。

たらいの水がまわり始めるのをイメージして、行動していきましょう!

行動力に関する記事、もう1本いかがですか?

とにかく行動しよう!安全地帯から一歩踏み出す勇気を持とう!

直感を信じて行動すると、おもしろいことが起きるよ!

「ワクワク」に従って行動すれば、人生にステキな流れを創り出せる

すばやく行動する理由とメリット

「なんとなく不安」で動かないなら「なんとなく良さそう」で動いてみてもいいんじゃない?

「とりあえずやってみよう!」という軽い気持ちで前に進んでいく!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク