「自分から好きになる」という新しい視点を持つ

スポンサーリンク

Twitterでステキなモットーに出会いました。

先日、旅行へ行ったとき、「思う存分その地を楽しもう」というコンセプトで過ごしてみると、いつもより充実した旅になる経験をしました。

ただ、「思う存分楽しむ」では若干のあいまいさが残るため、達成するための具体的な行動が浮かびにくいところがあります。

それを解消してくれるのが、前述のモットー「その土地を好きになって帰る」です。

このモットーに従えば、「好きになるためにはどうすればいいだろう?」という発想になり、今までの行動とは違って主体的になれそうです。具体的な行動も考えやすいでしょう。

好きなことを探そうと意識すると、脳が自動的に好きなことを探してくれるカラーバス効果も働きます。

このような意識で旅をすれば、今まで以上に旅先が魅力的に映り、好きになると思います。

旅以外にも使えそう

このモットーは、旅以外にも応用が効きそうです。

  • パートナー
  • 子供
  • 趣味
  • お店
  • 料理
  • 自宅
  • 会社
  • 仕事
  • 自分

いつも当たり前のようにあるものに対して、新しい視点をもたらして、見過ごしていた魅力を発見できるでしょう

今まで苦手だったものに少し好感が持てたり、好きだったものが大好きになったり。

「好き」はある程度自分でコントロールできる、といえます。

自ら好きに飛び込んで心を満たしていく、シンプルでありながら、強力なモットーだなと思います。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。