「自分は○○だから××できない」って本当?行動しない言い訳になってない?

スポンサーリンク

「自分は○○だから××できない」というセリフに心当たりはありませんか?

あなたの○○には何が入るでしょうか。

私の場合は、「人見知り」が入ります。いつ頃からかの記憶にありませんが、自分は人見知りだと信じてきました。

人にそう言われたのか、人見知りという言葉を知ったとき自分のことだと感じたのか、きっかけは分かりませんが、自分に「人見知り」というレッテルを貼っていたのです。

その結果なにが起こったか。「自分は人見知りだから」と知らない人がいる場に行くことを避けるようになりました

いかにも人見知りらしい行動ですね。

もともと人見知りだから避けるのか、自分は人見知りだと信じたから避けるようになったのか、「卵が先か鶏が先か」のような話です。

「自分は◯◯」が言い訳になってない?

「私は人見知り」というのは本当なのでしょうか?

元々、人見知りの素質はあったけど、それにレッテルを貼ることで、さらに強化されているのではないかと考えています。

自分で自分に「人見知り」のレッテルを貼っている限り、知らない人がいるから行けない、という言い訳が成立します。「人見知りだもの」というわけです。

自分にレッテルを貼ることで、行動しないための理由ができるのです。

でも、もし、このレッテルになんの根拠もないとしたらどうでしょう?

せっかくのチャンスをみすみす逃していることになります。

行動してみるとただのレッテルだと分かる

ここ数年、私は知らない人のいる場所に積極的に飛び込むようにしています。

とはいえ、人見知りを克服したわけではなく、相変わらず初めての人には自分から話しかけられず話しかけられるのを待っているし、数人で話すシーンでは発言するタイミングがつかめず聞き役に徹してしまいます。

でも、知らない人のいる場所に行くことを楽しめるようになり、もっといろんな人と出会いたいと感じるようになりました。

結局、私の人見知りには、それほど強い力はなかったようです。

自分に貼っているレッテルに大した根拠はないし、絶対的なものでもありません

自分でレッテルを貼ることによって自分の行動範囲を決めつけているだけです。その範囲内にいれば安全だから、と

ところが、勇気を出してその範囲から出てみると、意外と大丈夫だということが分かります。苦手かもしれないけど、やってみる価値はあります。

やってみて失敗したっていい。失敗してもそれほどダメージがないことが分かるでしょう。

今まで体験したことない分、新鮮な経験ができるのです。

自分が避けているところにこそ、突破口が隠されているのではないかと思います。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。