ポメラDM200でポメラSyncの設定ができないときにやること[Google2段階認証を使っている場合]

スポンサーリンク

新型ポメラDM200の目玉機能である「ポメラSync」。

無線LANを搭載したことで、ポメラとiPhone、iPad、Macの純正メモアプリ間でデータの同期ができるようになりました。

この機能が、初めてのポメラ購入を決断させました。

ところが、いざポメラSyncを使おうと思っても、設定がうまくできず解決に時間がかかったので、その解決方法を紹介します。

Google2段階認証ではアプリパスワードを使う

セキュリティ向上の目的でGoogleの2段階認証を使っている場合、ポメラSyncの設定でGmailアドレスとパスワードを入力してもエラーになってしまいます。

2段階認証を使っている場合のパスワードは、通常のパスワードとは異なる「アプリパスワード」を使います

GmailアドレスとアプリパスワードをポメラSyncの設定に入力すれば、ポメラSyncの設定は完了します。

アプリパスワードは16桁のパスコードです。

アプリパスワードを忘れたときの対処方法は、こちらをご覧ください。

【参考】アプリ パスワードでログイン – Google アカウント ヘルプ

あとがき

数十桁のパスワードを慎重に入力して5回失敗した後に、アプリパスワードの存在を思い出しました。

ポメラに関するこちらの記事もどうぞ!

▼ポメラDM200のレビュー。

新型ポメラDM200を買いました!購入の決め手とポメラSync、親指シフトの使用感を紹介します!

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。