イヤホンを外して日常の音に耳を傾ける

スポンサーリンク

最近、通勤のときにイヤホンで音楽を聞かないようにしています。

その理由は、もっと日常の音に触れてみたいからです。(手持ちの音楽に飽きたというのもある)

イヤホンをして音楽を聞いていると、その音色に没頭できるけれど、それ以外の音がほとんど入ってこなくなります。

今まで聞き逃しているだけで、世界にはもっとたくさんの音があるはずです。

そこで、イヤホンを外して、聴覚に意識を集中して歩いてみました。

自宅を出て、まず耳に飛び込んできたのは、様々な鳥の鳴き声。カァー、チュン、ヒュイー、と姿は見えないけれど、その存在を主張してきます。

自分が歩く革靴の音、エアコン室外機のブーンという音、まだ温まりきらないのに急な坂道を登らされる車のエンジンがうなる音、マンホールの奥から聞こえる水が流れる音、ドゥルンドゥルンと軽快なリズムを刻むディーゼルエンジンの音、風が木の葉をサワサワと揺らす音、どこかの家から漏れ出ている携帯の着信音。

自宅から駅まで歩くだけで、たくさんの音に出会いました。

電車に乗って大きな駅に近づくにつれて、音の数や音量が大きくなり、グオーという音の洪水になっていきます。

音に注目してみると、今まで知らなかった世界の一部が見えてきます。

どうしても視覚にばかり頼りがちですが、音の世界もなかなかおもしろい。

自分にとって居心地のいい場所が分かるかもしれません。

音の世界はまだまだ奥が深そうです。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。