自分の人生の舵は自分で握ってもいいよ

スポンサーリンク

以前は、自分の人生でありながら、その行き先は誰か別の存在(社会や他人)に決められている、というイメージを持っていたように思う。

運命とはまではいわないけど、自分ではどうしようもない流れがあって、その流れに対抗する力のない自分がいる感じ。

だけど、今はそうではない。

自分の人生の舵は自分で握っている

車のハンドルというよりは、大きな船の舵の方がイメージは近い。

ハンドルをきってクイッと車体が曲がるように、すぐさま思ったとおりの反応が返ってくるわけではなく、舵をきってゆったりと大きな船体がその方向に向くように、ゆっくりと変化が起こってくる

「舵をきる」がなにかといえば、それは「今までとは違う行動」だ。

今までと同じ行動をとるのは、舵を回さず今の進路を維持することである。

その進路に満足しているのなら、そのままでいいかもしれないけれど、満足できていないなら、舵をきるべきだ。舵をきらないことには、船の進路は変えようがないのだ。

つまり、人生を変えたいなら、行動を変えるしかない。不満を口にするだけでは何も変わらない。

行動を変えると、ゆっくりだけど確実に何かが変化していく。その変化を続けることが大切。

最初は気づかないくらい小さな変化かもしれないけれど、1年もすればとても大きな変化になっている。

以前は、この舵を誰か別の存在が握っていると感じていた。行き先はその存在の気分次第だ。

だから、他人の進路に合わせてがんばるしかないと感じていたし、合わせられない自分に無力感を抱いていた。

でも、自分の人生の舵を自分で握ることは、誰にも拒否されてなどいなかった。握ろうと思えばいつでも握ることができるものだった。

ただ、自分で舵を握ることは、その行き先に責任を持つことでもあり、勇気がいることである

それを代償として、自分の進みたい方向に進むことができるのだ

進みたくもない他人の航路を行くのか、勇気を出して自分の進みたい航路を行くのか。

それは自分で選択できる

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。