子育て中でも自分のやりたいことをやる時間を確保するためアイデア

スポンサーリンク

9月頃から「毎月映画を観にいく」というチャレンジをしています。

「シン・ゴジラ」「君の名は。」「この世界の片隅に」を観ました。とりあえず話題作は押さえておきました。

【参考】映画「この世界の片隅に」を観た感想

チャレンジと表現したのは理由があって、映画を観ること自体は好きだからチャレンジではないのですが、映画を観にいく時間が取りづらいことに対するチャレンジです。

自分の好きなことをやるための試行錯誤

休日は、子供たちの「遊ぼ遊ぼ攻撃」に白旗を上げているので、基本的に自分の時間はありません。

子供が成長して自分の時間が増えれば、好きなことはできるかもしれませんが、それはまだまだ先の話です。

そんな不確定な未来をただぼーっと待っているのはもったいないことだし、未来ではなく今しかできないことはたくさんあります

【参考】子育て中だって自分のやりたいことをやっていい!やりたいことは今やろう!

だから、時間が取れないながらもどうにか、自分のやりたいことをねじ込もうと試行錯誤しているのです。

映画を観るために子供たちを寝かしつけてから出かけるという方法も試しました。

【参考】自分の時間がほしいなら、思い込みの外側を探してみよう!

これで「ここにも使える時間があったのか!」という驚きと喜びを感じましたが、時間までに子供が寝なくて映画に行けないことが多々ありました。

そのため、また次のアイデアを試しています。

先にスケジュールを決める

今度は、「あらかじめ映画の予定をスケジュールに登録する」という方法を試しています。

前月のうちに観たい映画の予定をチェックしてスケジュールに登録してしまうのです。

これまでは、直前になって「今日映画に行ってもいい?」と相談する形で、子供たちの猛反発を受けていました。

先に予定を組むことで、次のようなメリットがあると考えられます。

  • 実行できる可能性が高まる
  • 家族に感謝できる
  • 観たい映画を見逃さない

自分の好きなことができると決まっているから、それ以外の時間は家族のために使う、と割り切ることができます

いつにするかは、妻と相談して決めています。(子供たちに相談しても絶対反対されるから聞かない)

その代わり、妻が好きなことをやる時間を取ってあげるようにしないといけません。ここ大事!

あとがき

考えてみると、これまでは、自分の予定を先に決めることをあまりしてなくて、予定のほとんどが「誰かの予定」でした。

その余った時間で自分のやりたいことをやっていたのです。

でも、自分の時間って、もっと優先順位が高くてもいいはずですよね?

これからは、どんどん自分で予定を組んでいこうと考えています。家族と相談しながら。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。