逆算手帳を書いていて湧き上がる不安に対処する

スポンサーリンク
slproImg_201612050532410.jpg

来年の手帳に「逆算手帳」を使うことにしたので、せっせと「いつか実現したい未来」から自分の人生を逆算しているところです。

【参考】2017年は逆算手帳で未来からの視点を取り入れる!

これから先の人生に思いを巡らせていると、「どんな未来にしていこうか」というワクワクした気持ちになります。

以前と比べて、「人生は自分で作っていくもの」と思えるようになっていることに気づきました。

それでも、今まで挫折してきた経験から、遠くの目標をたてることに対する苦手意識が顔をのぞかせてきます。

逆算手帳に対する不安な気持ち

逆算手帳に書き込みながら、「これでいいんだろうか?」「こんなこと達成できそうにない」という思いが湧いてきます。時には「やっぱり自分には逆算は無理なのかも」という気持ちまで。

こんな気持ちになる理由を深掘りしてみると、次のような気持ちがあることが分かりました。

  • 初めての逆算手帳で書き方がよく分かってない
  • 逆算手帳の使い方には正解があり、間違ってはいけないと思っている
  • 新しい方法に対する不安がある
  • それなりの金額がする手帳を買ったから、ちゃんと使わないといけないという気持ちがある
  • 手帳をキレイに使わないといけない

簡単にいうと、今までと違うことをやるからうまくできないかもしれない、と不安に思っているんですね。

失敗してもいいからとりあえず書いてみよう

このような気持ちに対して、どのように対応すればいいか考えてみて、「失敗してもいいからやってみよう」と自分に言い聞かせることにしました。

初めて使うものだから、最初からうまく使えるはずはないし、人に見せるものでもないのですから、間違えたっていいのです。

というか、失敗ってなんだという話しです。

大切なのは、「今までよりも長い目で自分の人生を俯瞰し、そこまでの道筋を考える」という行為。そして、自分の未来に対して、ワクワクする気持ちをしっかり感じること

手帳に正しく書けるかどうかは問題でなく、手帳を作っていく過程が大切なのだと思います。

手帳の書き方に失敗したことに気づいたなら、また買えばいいのです。そのときは、今よりもっとうまく使えることでしょう。

失敗を恐れず、まずは自分なりに使っていきます。

あとがき

「逆算シート」の一番上の細い欄ってなにを記入するスペースなんだろう?

slproImg_201612050541060.jpg

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。