読み終わった本を再読するためのアイデア

スポンサーリンク

最近、読書に関する新しいアイデアを試しています。

それが、「読み終わった本を毎日1分だけ再読する」というものです。

再読は後回しになりがち

多くの本は、一度読んだら二度目を開くことはあまりありません。

まだ読んでない本がタワーのようにそびえ立っている状況で、既読本をもう一度読むというのは、余程いい本でなければできません。

読書にあてられる時間は限られているけれど、読みたい本はいくらでもあるのです。

でも、再読することでその本の理解は格段に深まるので、もっと再読する機会を増やしたいもの。

再読するルールを作る

そこで、「毎日1分だけ再読する」というルールを決めました。

再読に多くの時間を使うことはできないので、毎日1分だけとします。

1分ではほとんど読めないと思われるかもしれませんが、一度読んだ本であれば目次を眺めるだけで記憶が蘇ってくるし、そこで気になるところがあれば、もう少し延長して深読みすることも可能です。

「1分だけ」というと、負担を感じにくいし、それ以上読んでしまうのが人間です。

紙の本の場合は本棚の前を通るときに1分、Kindleの場合は電車に乗ったときに1分、という風に読むシチュエーションを決めておくのがポイントです。

やってみた感想

実際にやってみると、数分間読むだけでも次のようなメリットがあります。

  • 忘れていた記憶が蘇る
  • 本と本がリンクする
  • アイデアが降ってくる
  • 行動につながる

同じジャンルの本を集中して読むようにすると、本と本がリンクして、より深い学びを得ることができます

再読するときに、ただ記憶をなぞるのではなく、次の行動を取り出すことを意識すると、実りある時間になるでしょう。読書は行動してなんぼです。

このアイデアは、大量の本を持ち運べるKindleのメリットを活かすことができます。

あとがき

新しい本ばかり読むのと、再読しつつ新しい本を読むのとでは、少し違った読書体験ができるのではないかと考えています。

再読すると決めておけば、1回の読書で本のすべてを理解しなければという不安が薄れ、気軽に読書できるようになります。

今日から1分だけパラパラやってみませんか?

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク