2017年の目標と運用方法

スポンサーリンク
slproImg_201701010657590.jpg

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

私は、目標の取り扱いが決してうまくありませんが、毎年何かしら目標はたてていて、今年も性懲りもなく目標をたてました。

今年はやりたいことが見えているので、今までより目標がうまくいくのではないかという期待もあります。

今年の目標と、運用方法を紹介します。

2017年の目標

今年は、次の目標に向かって進んでいきます。

  1. コーチングを100時間やる
  2. 夢に向かって一緒に進む家族になる
  3. 人見知りを克服する
  4. ブログをRSS登録300、PV50,000にする
  5. 友人とフルマラソンに出場する

1.コーチングを100時間やる

昨年11月からコーチとしての活動をはじめました。

【参考】コーチングをはじめます!

コーチとしてのレベルを上げるためには、様々なクライアントと対話して、スキルを磨いていく必要があります。

コーチングを100時間やればそれなりに力はつくと思うので、今年は100時間のコーチングを目標にしました。

合わせてコーチングのさらに上の講習も受講します。

ご協力お願いします。

2.夢に向かって一緒に進む家族になる

昨年は、かなり自分の好きなことをたくさんやってきたので、その分、家族に我慢してもらうことが多くなっていたと思います。

そこで、私ひとりが夢に向かって進むのではなく、妻と子供と一緒に夢を描き、叶えていきたいと考えました。

家族ひとりひとりが自分のやりたいことをやり、応援しあい、なおかつ、共通する夢も持っている、そんな状態を目指します。

3.人見知りを克服する

「自分は人見知りだ」「性格だからどうしようもない」と、今まで逃げ続けてきましたが、正面から立ち向かうことにしました。

人見知りな性格ではあるけれど、まだまだできることはあるはず。ただコミュニケーションのコツを知らないだけなんだと思うのです。

少しずつ人見知りを克服するチャレンジを続けて、自分を成長させていきます。

4.ブログをRSS登録300、PV50,000にする

昨年1年で、RSS登録が倍以上の115になりました。更新を楽しみにしてくれているというのはうれしいものです。

更新頻度を落とすことなく、さらに多くの人に楽しんでもらえるブログにしたいです。

反面、PVは書けども書けども上がらないので、「PVなんていらない」といじけていましたが、せっかくブログを書くなら、PVも上がってほしい。

ただ、PVばかりを追いかけると、消耗するし、自分らしい記事が書けなくなる恐れもあります。

だから、今のスタイルは維持しつつ、時々PVを狙うタイプの記事も書いていくつもりです。(苦手だから今まで避けてた)

5.友人とフルマラソンに出場する

一昨年2月に初めてのフルマラソンに出場して以降、全然走っていませんが、マラソンを走った友人のブログを見ていてもう一度走りたくなりました。

一人では挫折してしまう可能性があるので、昨年友人が走っていたどこかの大会に出場します。

「この大会いいよ」とか「一緒に走ろう」と誘ってもらえるとうれしいです。(出場できるかは分かりませんが)

目標の運用方法

今まで何度も目標運用に挫折してきた経験、最近読んだ本から得た知識を活用して、次のような運用方法をしてみます。

目標は5個のみ

昨年の目標は、欲張って数を増やしすぎたため、忘却の彼方に消えてしまいました。

その反省を活かし、今年の目標は5つだけに限定します。

細分化し、計画をたてる

目標を実行しやすいサイズまで細分化して、計画をたてて実行していきます。

ここが目標がうまく機能するかどうかの大切なポイントなので、今までと同じ過ちを繰り返さないようにしっかり組み立てていきます。

逆算手帳を使いつつ、Evernoteに目標管理システムを作りました。これがうまくいけば、後日記事にします。

定期的に最適化していく

今の時点でたてた目標のすべてが計画通りにいくわけではないし、目標にふさわしいものであり続ける保証もありません。

状況にあわせて、計画の修正をしたり、時には目標の修正も必要になることもあるでしょう。

週次レビューや月次レビューで最適化していきます。

あとがき

新年に目標をたてるのは楽しいですが、実行できるかどうかが一番大切なこと。

今年こそは目標をうまくコントロールできるようにやっていきます。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。