読むべき本を人に教えてもらって読書体験を広げる

スポンサーリンク

人に選書してもらうのもいいものだ。

自分が読む本は、基本的に自分で選びますよね。

誰かのレビューを読んだことがきっかけだととしても、読む読まないは自分のフィルターによって振り分けられます。

このフィルターがあるおかげで、無数にある本の中から1冊を選ぶことができるし、ある程度おもしろい本にたどり着くことができます。

でも、このフィルターには弊害もあり、自分が気にいる可能性のある本を制限してしまうのです。

その枠から出るのは容易なことではありません。

この枠の外側にある本に出会うため、自分が読むべき本を人に選んでもらう、という方法があります。

ブックコンシェルジュにおおすめの本を選んでもらう

ブログ「ラフハックス」を運営されているノリハナさんの「ブックコンシェルジュ」というサービスを受けました。(ビデオチャット)

ブックコンシェルジュとは、1,000冊以上の本を読んできたノリハナさんに読書にまつわる悩みを聞いてもらい、アドバイスしてもらえる、というものです。

読書を習慣にしたい、どんな読書法がいいか分からない、読書メモの書き方が分からない、こんなジャンルの良い本を知りたい、そんな相談ができます。

私は、読書法、読書メモ、おすすめ本を相談しました。

相談者がどんな悩みを抱えているのか、どうしたいのかをヒアリングしてから、特定のやり方を押し付けることなく相談者に合った提案をしてくれるので、楽しく安心して聞けました。

相談のあと、ノリハナさんがおすすめの本を8冊選んでくれます。

読書術、ノート術、アイデア発想法の本をリクエストし、その結果がこちら。

持っている本があり、かなり昔に読んだけど読んだだけで全然身についてない本があり、本屋に並んでいても避けてしまう古い本があり、と自分の枠の外側の本に出会えました。

読書してからノートでアイデアを育ていく良い流れが生まれそうなラインナップです。

早速、Amazonで全部取り寄せて読みました。

おすすめの本を読んだ感想

選んでもらった本を読んでいて気づいたことがあります。

  • 同じジャンルをまとめて読むと本と本がリンクする
  • 自分なりの答えが見えてくる
  • 自分だけでは出会えない本がある

それぞれの本が少しずつ違った主張をしているのですが、ところどころ同じ主張があるので、そこが重要なのだと判断できるし、繰り返しインプットすることで頭に残りやすいです。

いまいちしっくりきていなかった自分の読書法に、「こんな風にやっていこう」という答えが見えてきました。今までとはガラッとスタイルが変わるものです。読書法の変化については別の記事で書きます。

そして、やっぱり自分で選ぶ本はジャンルが偏っていて、その外側にまだまだおもしろい本がある、ということがよく分かりました。

また別のテーマでもおすすめ本を聞いてみたいなと思っています。

あとがき

読書をしている人、読書をしたいけどできてない人、そのどちらにも役立つおもしろいサービスだなと思いました。

気になる方は、ノリハナさんに問い合わせてみてください。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。