わざと子供に負けること

スポンサーリンク

先日、子供たちとかるたで遊んだときのお話。

私が読み上げ、娘(6歳)と息子(3歳)の対決。

何度もやっているアンパンマンのかるたなので、文章を最後まで読めば息子も取ることができます。

でも、ひらがなを読める娘は、最初の文字を聞いたらすぐ動き出すから、どうしても娘の方が強いのです。3歳差があるので仕方ありません。

結果は、娘28枚、息子10枚、と息子の惨敗。

「勝ちたかった」と下唇を突き出してくやしそうな息子。

「負けたけん、くやしかったんじゃね」と気持ちを受け止めつつ、「じゃあ次はお父さんと勝負しよう」と誘うと、息子は「負けないぞー!」と元気を取り戻しました。子供って純粋。

もちろん勝たせてあげるつもりでの勝負です。とはいえ、あからさまに負けようとしている姿を見せるわけにはいかないので、こちらも本気でやっていると思わせるのです。

息子が1枚取ったら私も1枚取る、息子が得意なカードは取らせてあげて苦手なカードを私が取る、取られたら悔しがり取れたら大きく喜ぶ。

そんな感じでゲームは進み、最後に枚数を数えてみると、息子の勝ち。「やったー!お父さんに勝ったー!」と拳を振り上げて喜ぶ息子。

負けてくやしがる経験も必要だけど、勝って喜ぶ経験も必要。

わざと負けているとはまったく気づいてない様子でした。

3歳の息子だから簡単だけど、大きくなるにつれて演技が難しくなっていき、その演技を見破られるようになり、いずれは、本気でやっても勝てなくなる日がくるのでしょう。逆にわざと負けてくれるようになってたりして。

子供たちが自分を超えていくことを考えてると、どんな未来が待っているんだろうと胸が高鳴ります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。