自分を形成(つく)るすべての要素を愛してたのに

スポンサーリンク

Mr.ChildrenのOverという歌に、次のような歌詞があります。

君を形成(つく)る全ての要素を愛してたのに

これは失恋をテーマにした歌だけど、歌詞に登場する人物を「あるがままの自分」と「それに気づけなかった自分」で読み替えると、また違った世界が浮かび上がってきます。

自分のすべてを受け入れる

外見、性格、能力、持っているもの、家族、会社、学校、周囲の環境、思い出など、たくさんのもので「自分」は形成されています。

自分を形成するすべての要素を受け入れていますか?

「これがあってよかった」と歓迎する要素もあれば、「これさえなければ」と嫌悪する要素もあるでしょう。

どちらかというと、良いところより悪い(と思ってる)ところの方がリストアップしやすい人が多いのではないでしょうか。

私も例外ではなく、できる人と自分を比較して、自分のダメさに嫌気が差したことは一度や二度ではありません。

  • 勉強ができない
  • 運動ができない
  • 天然パーマだ
  • 文章が下手だ
  • 才能がない
  • お金がない
  • 人見知りだ

他にもありますが、きりがないのでこれくらいにしましょう。

でも、それらは本当に自分のダメな部分なのでしょうか?

「自分」とは全く関係ない他の人と比較したからこそダメに見えているだけで、世界に自分ひとりだけだったらダメだと思えるはずはありません。

本来の自分には、良いも悪いもなく、ただあるだけ

たしかに、自分にはできないことがたくさんあるし、他の人と比べて劣るところも無数にあります。

だからといって、自分で自分を嫌いになる必要なんてないのです。

良いところも悪いところもすべてひっくるめて「自分」であり、どれ一つとして欠かせないもの

いくら否定してみても、それらを自分から切り離すことはできないので、受け入れるしかありません

「ダメなところもあるけど、これが自分だ」と開き直るのです。

時間と視点を変えるだけで、欠点だと思っていたところが強みに変化することもあります

ちなみに、上であげた私のダメなところは、もうすべて受け入れていて、ずいぶん身軽になりました。

あとがき

人生最後の瞬間に、「本当は自分はこんなに恵まれていたんだ」とOverのように後悔しないために、少しずつでも自分を形成する要素を受け入れてみましょう。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。