子供たちとUNOで遊ぶと楽しい!

スポンサーリンク

子供たちがYouTubeばかり観ることが気にかかっていたので、もっと魅力的な遊びを提案することにしました。

今回選んだのは、シンプルなルールで子供から大人まで楽しめるUNO。

子供の頃、リビングで家族とカードゲームをするのが好きで、UNOもよくやっていました。

【参考】家族が仲良くなるために、リビングをやすらげる場所にする

だんだんと薄れていく子供の頃の記憶の中でも、家族とカードゲームをした記憶は、楽しかった思い出として今でもはっきりと心に残っています。

スーパーマリオのUNOを購入

UNOにもいろいろ種類があって、基本ルールは一緒でもいろんなキャラクターのものがあります。

今回は、息子の好きなスーパーマリオを選びました。

▼数字ごとにキャラクターが違うので、まだ数字の読めない子供にも分かりやすいです。

▼左からスキップ、リバース、ドロー2、ワイルド、ドロー4。クッパがドロー4の恐怖を引き立てます。

スーパーマリオ版だけの特別なカードが2種類あります。

▼無敵マリオカード

ドロー2やドロー4の効果を、カードを出した人に跳ね返します。ドロー2や4を出した人が自分でカードを引かなければいけません。

ドヤ顔でドロー4を出した相手を蹴散らすのは、まさにスターで輝きながらコースを駆け抜けるマリオの気分です。

▼ホワイトマリオ

特別ルールを自分で作ることができます。鉛筆で書きます。

小さな子供でもできる?

我が家には、6歳、3歳、1歳の子供がいて、3歳の子供もできます。(正確には3歳10ヶ月)

「同じ色か同じ絵なら出せる」というシンプルなルールなので、やりながら説明すればすぐに理解しました。

マリオの絵があるから理解しやすいようです。

片手で扇状に持つのが難しいみたいで、床にカードを広げてプレイします。何のカードを持っているのかバレバレなので、勝たせるように調整もできます。

ただ、それほど調整しなくても、意外と子供が勝てるのがUNOのおもしろいところ。(私が弱いだけかもしれない)

あとがき

UNOを購入してからというもの、朝起きたらUNO、仕事から帰ったらUNO、とUNOだらけです。

家族でカードゲームをやるのは楽しいのでおすすめです!

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。