ロジクール ワイヤレス トラックボール M570t – 手を動かさなくてもカーソルを操作できるから楽!

スポンサーリンク

プライベートではMacBookを使っていて「Mac最高!」なんですが、残念ながら会社ではWindowsを使っています。会社もMacならいいのに。

MacBookのトラックパッドが快適だから、Windowsでもトラックパッドを使いたいと調べてみましたが、どれもいまいちな感じ。

一番良さそうなロジクールのトラックパッドでも、レビューを見るとMacのトラックパッドに比べてあまりいいものではなさそうでした。

トラックパッドやマウスについて調べるうちに初めて知ったのが、「トラックボール」です。

トラックボールのメリットを知って俄然試してみたくなり、ロジクールの「ワイヤレストラックボール M570t」を購入しました。

トラックボール M570tの特徴と使用感

普通のマウスは、マウス全体を動かすことでカーソルを操作しますが、トラックボールは、マウス本体を固定したままで、指でボールを動かしてカーソルを操作します。

手を動かすことなく指先の動きだけになるので、手が楽だし、マウスのためのスペースが小さくてすみます

▼青いボールを動かすと、ディスプレイのカーソルが動きます。

本体は滑らかな曲線になっていて、手を軽く丸めた力の入らない楽な形でフィットします。

▼ボールは親指で動かします。

ボールの動きは非常に軽く、なめらかにくるくる回ります。

親指を少し動かすだけで、カーソルが画面を縦横無尽に動き回ります。(カーソルのスピードは変更できます)

普通のマウスだと親指はお休みしていますが、トラックボールだとフル稼働です。

今まで使ってなかった親指を使うから、親指に負担がかかるかと心配していましたが、1日7時間使っても親指が痛くなったりすることはありません

今でこそ光学式マウスが主流ですが、昔はこのボールがマウスの裏に入っていたんですよね。それを表に持ってきたスタイルです。

▼M570tには、おなじみの左クリック、右クリック、ホイール以外に、2つのボタンがあります。デフォルトでブラウザの「戻る」「進む」が割り当てられていて、ソフトごとに機能を変更することもできます。

▼裏面には、電池とレシーバー(使わないときに収納できる)を入れるところ、電源ボタン、ボールを取り外すための穴があります。

矢印の絶縁シートを引き抜いて使用開始。

電池の持ちが非常によく、最初から入っているもので18ヶ月も使えるそうです。電池交換の手間が少ないのはうれしい。

裏の穴からボールを押すと簡単に取り外せるので、ボールの動きが悪くなったときに掃除ができるようになっています。

▼このトラックボールはワイヤレスなので、このレシーバーをUSBポートに挿して使います。

難しい設定はなく、USBに挿すだけでトラックボールを使えるようになりました。

慣れが必要

普通のマウスとまったく違う手の動きをするので、慣れるまでかなり戸惑います

使い始めて3日(1日7時間使用)で、大まかな操作には慣れてきましたが、細かいところにカーソルを合わせるのがまだ難しいです。

チェックボックスやラジオボタンを押すとき、エクセルのセルの角をつかむとき、文字列を選択するとき、ぷるぷるしてすぐにピタッと狙いが定まりません。もう少し練習が必要です。カーソルのスピードを調整してみるのもありかもしれません。(早めにしているので)

あとがき

手を動かすことなく指先だけで操作できるのがとても快適で、すでに普通のマウスには戻れない感じはしています。

それでもMacBookのトラックパッドの快適さには敵いませんが。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。