実は立体に見えてなかった!新しいメガネから見える世界にワクワク!

スポンサーリンク

今か今かと待っていたものが、ようやく手元に届きました。

新しいメガネです。メガネといっても0.5の視力を1.0に矯正する普通のメガネとは違います。

私は、裸眼でも日常生活に支障が出るほど見えないわけではなく、普段はメガネを使わず、車を運転するときにかけるくらいです。

しかし、それはあくまで普通の視力検査で分かるレベルの話にすぎず、自分でも気づいてない問題が潜んでいました。

不完全な立体を見ていた

とある目の検査をやった結果、私には物が立体的に見えていないことが分かりました。私が立体だと思っていたのは立体風の二次元だったのです。

そうなる原因は、右目と左目のフォーカスする位置が微妙にずれていること。

たとえば、右目は本の1行目を読んでいるのに、左目は8行目を読んでいるという具合。私の場合、左右がこれくらいずれ、上下もずれていました。

自分では両目で見ているつもりなのに、実際は片目の情報しか脳に届いてないため、遠近感がなく物が立体的に見えないのです。ためしに片目で見てみてください。遠近感がなくなるのが分かるでしょう。

こういう人は少なくなく、日本人の3人に1人はずれているそうです。

私には、次のような心当たりがあります。

  • 本の同じ行を読んでしまう(特に縦読み)
  • よく見ているのに野球でボールを打てない

本を読むとき、意図せず同じ行を読んでしまったり、視線がちらちらして集中できなかったりします。

小学生の頃、ソフトボールをやっていたのですが、全然打てなかったんですよね。もっとボールをよく見ろと指導されて、いくら目を凝らしてみてもバットが空を切るのです。

初めての立体感が楽しい

まだ使い始めなので、メガネをかけているときに違和感がありますが、次のような変化があります。

  • 奥行きが出た
  • 円柱が円柱に見える
  • 本が読みやすくなった

文章で説明するのがすごく難しいのですが、3Dの映画を見ているように立体的に見えるんですよ。

奥行きのある場所を見ると、遠くがより遠く見え、物体と物体の間の空間がはっきりと分かります。

初めて味わう立体感に、通勤ラッシュの人混み、電柱、電線でさえおもしろく感じます。

本を読んでみると、読みたい箇所にばちっと焦点が合って読みやすいです。

かけはじめの違和感がなくなれば、もっとキレイな世界が待っているはず。楽しみ!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。