謙遜が子供を傷つけ、自己肯定感を下げるから、謙遜をやめる

スポンサーリンク

謙遜することは、日本人にとって美徳とされていますが、それが自分自身や子供に悪影響を及ぼすこともあります。

謙遜が子供を傷つけ、自己肯定感を下げる

私は褒められれば当然のように謙遜します。自分のことでも子供のことでも。

それがコミュニケーションの常識だと思っていました。

でも、謙遜された子供はどう思うでしょうか?

Aさん「◯◯ちゃん、お片付けしてえらいねー」

私「いえいえ、いつもなかなか片付けないんですよー」

子供「(えっ?!いつも片付けてるのに)」

子供は謙遜を知らないので、素直に言葉通りに受け取ります。

大人の悪気のない謙遜が、子供を傷つけてしまう可能性があるのです。

自分自身への謙遜も、自己肯定感を下げてしまう悪影響があるのではないか、と考えています。

謙遜をやめる

謙遜しなかった場合、何か問題があるのでしょうか。

褒められて素直に「ありがとう」というと相手は気分を害するのでしょうか。

謙遜することは、せっかく相手が褒めてくれたものを否定する行為です。

謙遜なしで生活したら、コミュニケーションがどう変わるのか、変わらないのか試してみようと思います。

これからは意識して謙遜しないようにし、褒められたら笑顔でありがとうと言ってみます。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。