クレジットカードを使い過ぎないための2つのルール

スポンサーリンク
slproImg_201603030626040.jpg

ネットで買い物をすることが多いです。

買い物が苦手で、出不精な私にとって、家にいながらあらゆるものが手に入るから最高です。

注文してから届くまでのあのワクワク感が好きです。自分で買いに行くのとは違った楽しみがあります。

ネットショッピングをするとき欠かすことができないのがクレジットカードですが、便利な反面、使い過ぎてしまうリスクがあります。

今回は、クレジットカードを使い過ぎないために決めているルールを紹介します。

クレジットカードを使い過ぎないための2つのルール

ルール1:一括払いしか使わない

金利が発生する分割払いやリボ払いは使いません

金利は無駄です。

目先の支払額が少なくてすむからお得に感じる人もいるかもしれませんが、総支払額を考えれば無駄なのは明らかです。

いくら安く買っても、金利でそれ以上の金額になっては意味がありません。

このルールに従えば、一括で払えないものは買えなくなります

これはとても大切なことで、お金がないときは買えないのが当たり前のことです。

ルール2:すぐに引落用口座に移す

クレジットカードで支払ったお金は、次のように処理します。

  1. 銀行口座を「貯蓄用」と「クレジットカード引落用」の2つに分けておく
  2. クレジットカードで支払ったら、すぐにその金額を「貯蓄用」から「クレジットカード引落用」に移す

こうすることで、引落が数ヶ月先でも「貯蓄用」からはお金が減っているので、「まだお金があるという錯覚」を起こすことはありません

また、引落時に残高不足になることがないというメリットもあります。

注意点は、「クレジットカード引落用」口座は入金するのみで引き出してはいけません

あとがき

クレジットカードの問題は、買い物をしても手元の現金が減らないことです。

しかし、賢く使えばこれほど便利なものはありません。

カード会社からすると、私はおいしくないお客さんでしょう。年会費無料のカードを使って、すべて一括払いで、ポイントまで付けて。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。