iPhoneアプリRunKeeperの信号待ちで計測を自動的に一時停止する機能が便利!

スポンサーリンク

ランニングは一般道を走るため、どうしても信号や踏み切りに引っかかってしまい、不本意に時間をとられてしまいます。

ランニングの計測に使っているiPhoneアプリ「Runkeeper」には、信号待ちのとき計測を自動的に一時停止する機能があります。

設定方法

「Setting」の中にある「Auto Pause」がそれになります。

これをONにしておけば、立ち止まったとき計測が一時停止されます。

この機能の注意点としては、マラソン大会などではこの機能をOFFにするのを忘れないようにしましょう。

靴紐がほどけて結び直していると計測が止まってしまい、正確なタイムが分からなくなってしまいます。

あとがき

この機能があれば、慌てて信号を渡る必要もなくなり、より安全にランニングができます。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク