最適な住宅ローン借入額を求める3つの考え方

スポンサーリンク
slproImg_201603141533240.jpg

住宅ローンは、金額が大きく、選択肢も多く、用語も難しいため、多くの人が銀行に言われるがまま多額の借金を背負っています。

たしかに住宅ローンは難しいかもしれませんが、がんばって勉強すれば数百万円単位で得する可能性があります。なにより、無理のないローンを組むことができます

私は専門家ではありませんが、自分が住宅ローンを借りるときに使った考え方を紹介します。

もちろん、この考え方が正解ではありませんが、ひとつの考え方として参考になればと思います。

最適な住宅ローン借入額を求める3つの考え方

1.まずは貯金を確保する

通常、先に借入額を決めて毎月の返済額が出しますが、これは単純に年収から求められる金額なので、無理のない金額とは限りません

一方、今回紹介する方法は、毎月の返済可能額から借入額を決めるため、プロセスがまったく逆になります。

毎月の収入から、まずは貯金を確保し、そこから必要な生活費を引いた残りが、無理なく住宅ローンの支払いに回せる金額になります

その金額から、いくらの住宅ローンが組めるか計算します。

多くの場合、自分の年収からいくら借りれるかを計算しますが、同じ年収でも家族構成、生活スタイルなどにより、無理なく払える住宅ローンの金額は変わってきます

金融機関が貸してくれるからといって、身の丈を超える住宅ローンを組んでしまい、苦しい生活を余儀なくされては本末転倒です。

2.貯金は教育費・修繕費・老後資金

貯金の目的は、教育費・修繕費・老後資金のためです。

どれもまだ先ですが、確実に必要になってくる大型出費です。

しかし、大型出費ではあるものの、必要な時期はある程度予測できます

3.返済と貯蓄を同時進行する

教育費、修繕費は住宅ローン返済中に必要になる費用なので、早くからコツコツと貯めておく必要があります。

老後資金は、必要な時期が住宅ローン完済後でずっと先ですが、とても大きな金額が必要になるため、こちらも早めにコツコツ貯めておく方がいいでしょう。

住宅ローン完済後に貯めよう思っていても、その頃にどのような暮らしをしているかは分かりませんし、貯める期間も少ないため厳しいでしょう。

また、早くから貯めると、時間を味方につけることができます。

あとがき

住宅ローンの返済ばかりに気をとられて、その他の出費が用意できないと大変です。

長い人生には予測できない出費もあります。だから、予測可能なものには、計画的に準備していきたいものです。

▼私が住宅ローンを選ぶ際に、参考にした本です。初めて聞く考え方で目からウロコでした。自分に合った住宅ローンを導く手助けになります。

住宅ローンに関連する記事

住宅ローンでフラット35を選んだ3つの理由

住宅ローンを繰り上げ返済しない2つの理由

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。