Kindle Paperwhiteを購入しました!

スポンサーリンク

これまでiPhoneアプリのKindleで電子書籍を読んでいましたが、専用端末Kindle Paperwhite(以下、Kindle )を購入しました。

購入したきっかけ

購入に至ったきっかけは、コンテンツが豊富とは言えないまでも、まあまあ読みたい本もあることが分かったからです。

「ほしいものリスト」にいくつか貯まるくらいには読みたい本があります。

Kindleストアで購入した電子書籍はiPhoneやiPadで読めます。

それなのになぜ本を読むことしかできない専用端末を買ったのかというところを紹介します。

Kindleの優れているポイント

目に優しい

iPhoneで読んでいるとまぶしいです。

特に就寝前に電気を消して読もうもんなら目が痛くなります。

Kindleは紙の本を読んでいるような感じでまぶしくありません。

それでいてバックライト搭載で暗い場所でも読めます。

大きな画面で軽い

iPhoneでは画面が小さく頻繁にページ送りをする必要があるし、iPadで長時間の読書は重くてしんどいです。(iPad miniなら大丈夫なのかもしれませんが)

Kindleは片手で持てる軽さで画面も大きいので快適です。

バッテリーが長持ちする

iPhoneのバッテリーで読書するのはちょっと不安です。

バッテリー切れになるといろいろ不便です。

Kindleはまだ使い始めたばかりですがすごく長持ちするようで、商品説明では8週間もつとか。

現実はそこまでもたないでしょうが、iPhoneとは比較にならないくらいもつと思われます。

仮にバッテリー切れになっても本が読めなくなるだけです。

読書に集中できる

iPhoneは読書以外にたくさんのことができてしまうため、ついついFacebookやTwitterを見てしまいます。

Kindleは読書しかできないので読書モードに入って集中できます。

子供に奪われない

家にいてiPhoneで読書していると確実に娘にiPhoneを奪われます。

Kindleなら色もないし、文字ばかりなので娘も興味をひくことはありません。

実はこの点が一番のポイントだったりします。

あとがき

やはり読書専用の端末だけあって快適です。コンテンツの量もこれから充実していってくれるでしょう。

しかし、読みたいと思ったら1クリックで読み始められるのはすごく便利だけど、お財布的には注意が必要です。

Kindleについてこちらの記事もどうぞ!

Kindle Paperwhiteで寝付かせタイムを読書タイムに!

iPhoneアプリ「Kindle」で読書を始めた

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク