早起きを楽にする5つのコツ!4:30起きを習慣にして実感したこと

スポンサーリンク
slproImg_201604261547180.jpg

これまで早起きを習慣にしようと何度も挑んできましたが、その度に挫折を繰り返してきました。

そんな私ですが、今は毎日4:30に起きています。

早起きを習慣にしてみて実感した早起きのコツを紹介します。

早起きの5つのコツ

1.まずは早寝から!

私はずいぶん前から早起きを習慣にしようとしていきましたが、何度も何度も失敗してきました。

その失敗の原因は、「遅寝早起」だったからです。

同じ6時間睡眠でも、22〜4時と24〜6時では睡眠の質が違います。22時から2時は睡眠のゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが活発に分泌され身体の回復が早くなるそうです。そのため翌朝気持よく起きることができます。

早起きというと、起きる時間を早くすることを考えますが、「まずは早く寝る!」、これが大事です。

私は、娘を寝付かせながら一緒に寝てしまうことで、早寝の習慣が身につきました。すると、4:30でもすっきりと起きれるようになりました。

2.起きてからやることを決めておく

起きてから「何をしようかな?」と考えていると、めんどくさくなって二度寝してしまいます。

起きたらすることを目に見える形にしておきます。紙に書く、スマホにメモするなど方法はなんでもよく、すぐに見れるようにしておきます。

起きたての自分はとってもデリケートです。少しでも難しいことを言うと、すぐに布団に帰っていってしまいます。

できるだけ簡単で、楽しいと思えることを書いてあげると、起きてくれる可能性が高まるでしょう。

3.行動をルーチン化する

私の起床後の行動は次のとおりです。

起床→トイレに行く→歯磨きをする→水を飲む→湯を沸かす→PCで作業→コーヒーをいれる→再びPC

【参考】早起きしてやっていること

毎日これの繰り返しで、もう頭では何も考えていません。考えるとめんどくさくなって寝てしまうので、起きたての自分には何も考えさせないようにしています。

このルーチンをこなす間に自然と眠気は無くなります。眠気は5分も起きていれば無くなるものです。

4.冬は部屋を暖めておく

冬場は特に早起きは困難になります。部屋が寒いと布団からなかなか出られず、そのまま二度寝することは誰でも経験があると思います。

これは起きる時間に合わせて、予め部屋を暖めておくことで解決できます。

我が家は蓄熱暖房機で24時間暖房なので難なく布団から脱出することができます。

5.できなくても自分を責めない

早起きできない自分を何度も責めました。自分はなんてダメなんだと。

でも、ただ起きれなかったという事実なだけで、自分がダメなわけではありません。

また明日挑戦すればいいのです。チャンスは毎日やってきます。

早起きのメリット

お通じがよくなった

昔から、私は便秘体質でひどい時は一週間出ないこともありました。

そんな私ですが、早起きした日はほぼ100%出ます。早起き+水+コーヒーで出ます。

起きてすぐコーヒーを飲むことが身体にいいのか悪いのかは分かりませんが、お通じに関してはいい影響があります。

時間に追われない

私は早起きして今日一日の計画を立てています。

この計画があることで、先回りして行動できるので、時間に追われることがなくなりました。

ギリギリまで寝ている頃は、忘れ物はするは、これやらなきゃ、あれもやらなきゃと、とにかく後手後手でやるべきことを後から追っていく感じで、時間に追われていました。

一日の始まりにやるべきことが明確になっていると、余計なことに頭を使わなくていいし、気持ちにも余裕ができます。

ワクワクする

いろんなことがうまく回り始めるし、早起きしてやることは楽しいことだけなので、ワクワクします。

このワクワクは朝だけではなく、一日を通して持続するので、会社での仕事も気持ちよく始められます。

ワクワクするからまた早起きしたくなる、こういうポジティブなスパイラルができればこっちのものです。

あとがき

何度も早起きに挫折してきてようやく習慣になりました。

小さい子供のいる私にとって、この早朝の時間は、静かに考え事をしたり、遊んだりと数少ない一人の時間です。

あなたも早朝のひと時を楽しんでみませんか?

早寝早起きに関するこちらの記事もどうぞ!

私が早寝早起きを習慣にして4時に起きる理由

早起きのコツは「楽しくてもっとやりたいこと」を早朝に持ってくること

早起きしてやることを決めておこう!4時起きを習慣にして分かったコツ!

早寝するためにやめたこと

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。