満腹感を意識して食事をする

スポンサーリンク

決して太ってはいない、標準より少し痩せてるくらいですが、食事には問題を抱えています。

苦しいくらいお腹いっぱい食べてしまうのです。体重が増えてるわけではないから問題ないようなものですが、歳を重ねるにつれて基礎代謝が下がっていくのに若いころと同じ食事をしていたら太らない保証はありません。胃や腸にも負担がかかっていると思います。

お腹がいっぱいにもかかわらず、皿から食べ物がなくなるまで食べてしまうのが問題です。大皿の料理などは特に危険です。

原因は子供の頃の「残さず全部食べましょう」、というしつけにあると考えています。それがいまだに身体に染み付いています。

家なら皿に盛る量を調節することができますが、外食だとどうしても多いので適量にしようとすれば残さなくてはなりません。これがなかなか難しいのです。「もったいない」と思って食べてしまいます。

満腹感を意識することと、残してもいいんだという意識改革が必要だと考えています。

そのために食前の空腹感と食後の満腹感を記録します。この記録を見れば自分がどれくらい食べれば十分なのか分かります

また、お腹の状態を意識しながら食べることで食べ過ぎる前にやめることができるかもしれません。

量をコントロールして毎回おいしい食事になるようにやってみます。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。