ランニングのポーチにフリップベルトを使ってみた!大きいiPhone6 Plusも入る!

スポンサーリンク

iPhone 6 Plusを買い、ランニングを再開して問題になったのが、iPhone 6 Plusをどうやってランニングで使うか、ということです。

iPhone 5sのときはアームバンドに入れてましたが、大幅に大きくなったiPhone 6 Plusが入るはずもなく。

そこで購入したのが、FlipBelt(フリップベルト) スポーツウエストポーチ です。

フリップベルトはどんなもの?

▼腹巻のような形になっていて、所々切り込みがあり、そこからiPhoneや鍵などを差し込んで、腰に巻いて使います。

IMG_2509

サイズはXSからXLまであり、ウエスト74cmの私はSでちょうど良かったです。

▼フックが付いているので、鍵を引っ掛けておけば落とす心配もありません。

IMG_2512

iPhone 6 Plusは入るか?

購入するにあたって心配だったiPhone 6 Plusが入るのかというところですが、まったく問題ありませでした。ただし、裸で使っているので、ケースを付けた状態で入るかは未確認です。

▼幅はiPhone 6 Plusの方が少しだけ大きいです。

IMG_2510

ストレッチ素材になっているので余裕で入ります。それにiPhone 6 Plusは大きいけど薄いのでゴワゴワしません

IMG_2511

使ってみた感想

揺れない

身体に密着しているのでまったく揺れません。そのため、着けてる感覚があまりなく、iPhoneを落としてないか何度か確認してしまいました。

アームバンドは走ってるとずれてくるのが気になっていたので、サイズさえ合っていればずれることのないフリップベルトの良い意味での存在感のなさは快適です。

取り出しにくい

慣れればそうでもないのかもしれませんが、片手でパッとは取り出せません。やってやれないことはありませんが、iPhoneを落とす可能性が高いです。

私はiPhoneアプリRunKeeperのスタートを押したらゴールまで取り出さないので問題ありませんが、走りながら気軽に取り出したい人には向かないかもしれません

取り出しにくいということは、走ってるときにポロッと落ちることがないということなので、これくらいの方がいいのでしょう。

あとがき

走っているときにその存在を感じないのでランニングに集中できます。

iPhone、鍵、小銭くらいの持ち物ならこれは良いアイテムです。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。