硬いバターを塗りやすくする方法

スポンサーリンク
image

子供の頃から朝食はパン派です。

パン派の方は分かると思いますが、冷蔵庫から出したカチカチのバターは塗りにくいです。

バターナイフやスプーン――バターナイフがバターに負けて折れたため使用――を使って塗りますが、硬すぎてうまくいきません。

電子レンジでやわらかくしようとすると、やり過ぎて溶けてしまったり……。

あらかじめ冷蔵庫から出しておけばいいのかもしれませんが、ただでさえ忙しい朝の時間にそんな余裕はありません。

そんな中、今朝、たまたまスプーンが出払っていて、仕方なく別の方法で塗ってみたところ、その塗りやすさに驚きました。

カチカチのバターでも、パンにダメージを与えることなく塗れたのです。

硬いバターへの新兵器「フォーク」

硬いバターに対抗する新しい武器は「フォーク」です。

フォークは小さめのものが向いてます。

小さめのフォークをバターに深く差し(小さい面から差す)、あまり押し付けないよう塗っていきます

色鉛筆を塗るイメージで、サラサラとこするように塗るのがコツです

パンが温かいから調度良く溶けていきます。

フォークを使うメリット

フォークから離れない

バターナイフを使うと、パンとの摩擦でバターが離れていきますが、フォークを深く刺しておけば離れていくことはありません。

バターをホールドする必要がないのでストレスフリーです。

パンが削れない、つぶれない

バターナイフではバターを押し付けるように塗るため、パンをガリガリと削ってしまったり、つぶれたりします。

フォークにバターを刺せば、軽い力で塗れるからパンにダメージを与えることはありません。

ボロボロのパンよりキレイなパンの方がおいしく食べられます。

塗り残しができない

スプーンで塗るとくぼみにバターが残ってしまいます。それをパンの角で取るのはキレイなものではありません。

小さいフォークなら、残すことなく最後までキレイに塗ることができます。

小さいフォークを使う理由はここにあります。

あとがき

バターにフォーク、騙されたと思って一度試してみてください!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。