ブロガーにおすすめ!アウトライナー「WorkFlowy」を使えばみるみる記事が完成していく!

スポンサーリンク

なかなか筆が進まず、更新が滞っている、悩めるブロガーにぜひ使ってほしいのがアウトライナーです

私がアウトライナーを本格的に使い始めたのは最近のことですが、そのコツを知ってから私の執筆環境が大きく変わりました

「15年早く出会いたかった!」と思えるツールです。

アウトライナーとは?

アウトライナーとは、階層化して文章を作成していくツールです。

スクリーンショット 2015-06-14 5.53.37

こういう感じで階層化し、項目はどの階層へも自由に動かせます。

アウトライナーは苦手だった

以前はアウトライナーが苦手で、テキストエディタで書くより文章が出てこないし、流れがなく一体感のない文章になっていました。

その原因は、アウトライナーは「タイトルと見出しを先に決めて中身を書いていく」、トップダウンで文章を作成するものだと認識していたからでした。

こちらの本でアウトライナーのコツを知ってからというもの、これなしではブログが書けないくらい手放せないものになりました。

アウトライナーのコツ

タイトルと見出しを決めて中身の文章を考える、トップダウンだけで使おうとすると、以前の私のようになかなか文章が出てきません。

コツは「トップダウンとボトムアップの両方からアプローチする」ことです。

アウトライナーでブログを書く方法

1.順番、階層化は気にせずアイデアを出す

まずはテーマに対するアイデアを順番も階層化も気にせず箇条書きにします。

2.仮の見出しを立て、グループにする

アイデアが出たら仮の見出しを「■」で立て、似た内容をグループにしていきます。

3.グループの見出しを付ける

グループの内容にあった見出しを考えます。あとでいくらでも変えられるので適当に。

4.見出しをテーマにアイデアを出す

見出しをテーマにして、1と同じようにアイデアを出したり、加筆、修正してまとめていきます。

1から4を繰り返していると、だんだんと記事が形になっていきます。

1と2のボトムアップでアイデアを積み上げ、3と4のトップダウンでまとめていく。上から下から行ったり来たりすることでアイデアが膨らみながら、まとまっていきます

前述の著者はこれを「シェイク」と呼んでいます。詳しくは本を読んでみてください。

おすすめのアウトライナー「WorkFlowy」

アウトライナーにもいろいろありますが、私が使っているのはWorkFlowyです。

いつでもどこでも使える

ブラウザで動作するので環境を選ばないし、iPhoneアプリもあるので、いつでもどこでも使えます。クラウドサービスなので、どの環境から使っても常に同じデータです。

無料から使える

一ヶ月に250項目までは無料で利用できます。

最近まで無料の範囲で収まっていましたが、前述の本でアウトライナーに使い方のコツを知ってから、WorkFlowyの出番が増えて無料の枠だけでは足りなくなりました。

無制限にするには月額500円の利用料が必要になります。すでに手放せないものなので、月額500円で無制限になるなら安いものです。

あなたと私の無料枠が250個増える方法

下記招待リンクから登録していただくと、あなたも私も無料で使える数が250項目が追加され、お互い幸せになれます。ぜひ、登録してみてください!

招待リンク https://workflowy.com/invite/1ee7dd11.lnx

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク