TodoistはApple Watchアプリでも基本的な操作ができて便利!

スポンサーリンク

タスク管理はToodledoとOmniFocusを組み合わせて使っていましたが、先週からTodoistに乗り換えました。

こちらの記事を見て乗り換えを決めました。

[η]Toodledo有料会員のわたしがTodoistへ乗り換えた5つの理由 | ハックの哲学

同期が早かったり、デザインがシンプルでおしゃれだったり、いいところはいろいろありますが、その中でも特にうれしかったのがApple Watchの対応です。

Apple WatchでのTodoistの良さをToodledoと比較しながら紹介します。

Apple WatchでのTodoistの表示、Toodledoとの比較

私のApple Watchはディスプレイが小さい38mmモデルなのですが、このサイズでも難なく使えます。

Todoistは「次の7日間」以外すべての項目が見れる

▼今日のタスク、受信トレイ、プロジェクト、ラベル、フィルターが見れます。

▼Toodledoはホットリストしか見れません。

タスクリストの表示

▼今日のタスクリストを表示したところです。

赤い丸をタップすれば完了になります。左の赤や水色のラインは優先度です。

タスク詳細の表示

▼タスク詳細を表示したところです。

左上のチェックで完了、右上のカレンダーマークで日付変更ができます。

下にはプロジェクト、ラベルが表示されています。

カレンダーマークをタップして日付変更

▼カレンダーマークをタップしたところです。

先送りができます。明日以降はSiriで操作するようです。(まだ使ったことない)

グランスに対応

▼グランスでは今日の残りタスクが確認できます。

Apple WatchのToodledoが使い物にならなかった原因

Toodledoも一応AppleWatchには対応していますが、まったく使い物になりませんでした。

▼タスクリストに表示できる文字数が少なくて何のタスクか分かりません。

▼「タスクを開けば見えるだろう」、と開いたら、これ。なにをやればいいのかさっぱり分かりません。

▼Todoistもタスクリストでは切れていますが…(それでも表示する文字数は多い)

▼タスク詳細を開けば全部表示しています。

あとがき

タスクの確認、完了、先送りが「普通に」できることがすばらしいです。Toodledoはその「普通に」ができませんでした。

iPhoneを取り出さないでタスクを見れるのは便利です。私の場合、子供がiPhoneでYouTubeを見てるときでもApple Watchでタスクを確認できるので助かります。

正直、「Apple Watchで使えて便利!」というアプリは非常に少ないです。私の中ではDueくらいでした。このアプリのおかげで、Todoistユーザーにとって、Apple Watchの価値が上がったといえます。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。