Todoistの使い方『Lesson8 重要なタスクに優先度を設定する』

スポンサーリンク
slooProImg_20150624174310.jpg

 

前回、Lesson7は「毎日受信トレイを空っぽにする」でした。

今回は「重要なタスクに優先度を設定する」です。

操作方法

優先度を設定する

▼タスクをタップして、一番右のアイコンをタップする
thumbnail.jpg

▼「優先順位」欄の右の旗アイコンをタップする
slproImg_201507121936270.png

赤が優先度1で最も重要、青が優先度2で2番目に重要、水色が優先度3で3番目に重要、灰色が優先度4で通常のタスクです

▼右上の「保存」をタップする
slproImg_201507121936271.png

▼タスクの左端の色で優先度の種類が分かります
slproImg_201507121936272.png

「今日」、「次の7日間」のタスクリストでは、優先度が高い順に上から並びます

優先度を設定したタスクだけ表示する

▼「フィルター」タブをタップする
slproImg_201507121936273.png

▼表示したい優先度のフィルターをタップする
slproImg_201507121936274.png

「優先度1」のフィルターをタップすると、優先度1が付いたタスクがすべて表示されます

重要なタスクは特別扱いする

タスクには重要なものとそうでないものがあります。

タスクが多くなると、重要なタスクが、そうでないものに埋もれてしまいます。

これでは、重要なものを見落とす恐れがあります。

重要なタスクには優先度を設定しましょう。

優先度は1から4まであります。1が最も重要で、4が通常のタスクです。

慣れないうちは、優先度が4つもあるとややこしいので、まずは期限厳守のものに「優先度1」を設定してみてください

優先度1のものは必ず締切日までに完了させる、と決めておきましょう

優先度1はタスクリストで一番上に並ぶし、フィルターでそれだけを表示することもできます。

重要なタスクは特別扱いして確実に完了させましょう。

▼この連載のまとめはこちらです。
タスク管理ツール「Todoist」関連記事まとめ [タスク管理初心者向けもあります] | さいんぽすと

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。