ほぼ日手帳をやめた理由

スポンサーリンク
slooProImg_20131129151018.jpg

2013年はほぼ日手帳オリジナル、2014年はほぼ日手帳カズンを使い、今年もカズンを購入しました。

カズンの広々したスペースと、カバー(ロビンエッグ)も気に入っていたので、迷わず購入したのですが、思うところがあって使うのはやめてしまいました。(1月8日にやめるとはもったいない…)

ほぼ日手帳をやめた理由

Evernoteの日記と内容が重複している

Evernoteでも日記を書いています。

Evernoteで日記を書く バージョン2.0

Evernoteの日記から抜粋したものをほぼ日手帳に書く、という形のため、内容が重複していました。

写す以外にほぼ日手帳の使い道はないかと考えたのですが、良いアイデアは浮かびませんでした。

見返しにくい

前年のほぼ日手帳は家のクローゼットにあるため、めったに見返すことはありません。

Evernoteの日記なら、いつでも、どこでも、何年前の日記でも見返すことができます。

絵や図を描かない

紙の手帳を使うメリットは、絵や図を書けることです。

ヘタクソな絵を上達させようと、ほぼ日手帳に絵を描くようにした時期もありましたが、、習慣化できず、相変わらず絵は下手なままです。

私のほぼ日手帳は文字だけなので、デジタルの方が向いています。

写真を貼るのが手間

毎日の子どもの写真を小さく印刷してほぼ日手帳に貼っていました。しかし、これがかなり手間です。

Evernoteの日記ならコピペするだけなので、印刷もノリで貼る手間もかかりません。

ほぼ日手帳をやめたことによるメリット

時間が増えた

Evernoteの日記の内容を書き写す、写真を印刷して貼る作業に、結構な時間がかかっていました。

ほぼ日手帳をやめると、その時間を他のことに使えるようになり、読書やブログの時間を増やすことができました。

荷物が軽くなった

ほぼ日手帳カズンは大きいです。これを持ち歩かないなら、大きなカバンは必要ありません。

あとがき

ほぼ日手帳をやめて困ったことはまったくありませんでした。私にはデジタルの方が向いているのでしょう。

今までやってきた習慣のなかには、実は必要ないものがあるかもしれません。一度やめてみると、本当に必要なのかが分かります。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。