「たすくま」復活! やめて気づいた「たすくま」が必要な3つのポイント

スポンサーリンク
Taskuma -- TaskChute for iPhone -- 記録からはじめるタスク管理-2

昨日一日、たすくまを使わない生活を送っていましたが、早くも復活させます!

参考:しばらく「たすくま」をやめてみる

たすくまをやめて気づいたこと

脱線が増える

今なにをやっているのか?、という意識が薄れます。

日次レビューをやっているはずなのに、気がつくとTwitterを見ていたり、ブログを書いていたり…。

たすくまがあれば、時間を計測しているから集中できるし、見積り時間になると通知がくるから脱線しにくくなります。

時間が見えない不安

タスクにどれくらい時間がかかっているのか分かりません。

これがなんとも言えない不安です。

余計に時間がかかっていても気づけないのです。

時間が押していても気づけない

今、時間が押しているのか、余裕があるのか分かりません。

時間が押していたと分かるのは、時間切れになったとき、もしくは時間切れ間近です。

この段階で分かっても修正しようがありません。

これからのたすくまとの付き合い方

  • 朝の時間のログだけたすくまで取る
  • 読書、ブログのログはaTimeLogger2で取る

朝の時間(4〜7時)に限定して復活させます。

この時間帯は日次レビュー、日次スタート、ブログなど、私にとって大切なタスクがあるし、使える時間も限られています。

読書、ブログは実行タイミングが決まってなく、スキマ時間に何度もやるので、たすくまよりaTimeLogger2の方が向いています。

たすくまは、自分が大切にしたい時間に限定して使うと、労力を抑えつつ、その恩恵を実感できます

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。