世帯年収600万円でも諦めない!夫婦で年収5000万円になる方法 by 午堂登紀雄・秋竹朋子 – 自分のビジネスの見つけ方

スポンサーリンク
slproImg_201507271634080.jpg

Facebookで流れてきて、気になって速攻でKindle版を購入して読みました。

著者は午堂登紀雄さん、秋竹朋子さんご夫妻です。ふたりで協力してボイストレーニングスクールを運営しています。

この本では、家族でビジネスをすることを提案、ビジネスの作り方などを紹介しています。

そのなかから気になったポイントを引き出してみます。

ビジネステーマの3つの考え方

ビジネステーマの考え方について、次の3つを推奨しています。

①自分の好きなこと・得意なこと
②自分のコンプレックス
③自分がお金を払ってでも知りたいこと・やってみたいこと・解決したいこと

Kindle位置No.818

本書で提案するファミリービジネスを考える場合、自分と家族それぞれに違った「好きなこと・得意なこと」「コンプレックス」「お金を払ってでも知りたいこと・やってみたいこと・解決したいこと」があります。

それらを組み合わせることで新しいビジネスが生まれます。

著者の場合、秋竹さんの「得意なこと」と、午堂さんの「コンプレックス」、「お金を払ってでも解決したいこと」がうまく合わさり、ボイストレーニングスクールという事業になったそうです。

家族といっても、この3点はよく知らないことが多いのではないかと思います。

家族をビジネスパートナーという視点で見ると新しい発見があるかもしまれせん。

自分のことは分かりますが、家族のことは知らない、気づいてないことがまだたくさんありそうです。

まずは、家族の好きなこと、得意なことを探してみる。

たとえビジネステーマが見つからなかったとしても、身に付けて損はない習慣です。

自分の知識や経験を半歩後ろを歩く人に提供する

自分が持っている知識や経験に関して、まだ自分の域に達していない人向けに提供すればよいということ。
それならば、あなたが持っているスキルやノウハウを欲してくれる人を見つけやすいでしょう。
それに、かつては自分がたどってきた道ですから、顧客がどこでこまっているか、どんなサービスを望んでいるかもイメージしやすいはずです。

Kindle位置No.1115

私は、平凡な人生を歩んできた自分には人に提供する知識も経験もない、と考えていました。

しかし、今自分ができていることをまだできてない人もいるし、自分がこれから新しく始めることでも、その少し後から始める人もいます。

その人には私の情報が役に立ちます。

そう考えると、どんな人でも、なにかしら提供できるものを持っていることになります。

「自分の半歩後ろを歩く人」をターゲットにすることで、今まで気付かなかった自分の価値を発見できます。

情報発信をしないのは存在しないのと同じ

「自分はこういう人向けに、こういうことをやっています」と発信し、知ってもらわなければ、あなたという存在はないのと同じです。

Kindle位置No.1124

今は、個人でもブログを使って、簡単に情報発信をすることができる時代です。

ブログを使えば、自宅にいながら、世界中に情報を発信することが可能です。

自分が持つ知識や経験を、自分の半歩後ろを歩く人に届けることが簡単にできます。

多くの人がなんでもネットで調べる今、そこに自分が発信した情報がないのは、文字通り存在しないも同然です。

せっかく知識や経験を持っているのに、情報発信しないのはもったいないことです。

ブログを使って情報発信すれば、遠く離れた、顔も知らない人に存在を知ってもらい、つながることができます。

あとがき

この本は、家族でビジネスをするという視点で書かれているので、家族が持つ能力を見つめ直す良い機会になります。

ファミリービジネスだけでなく、自分のビジネスを見つけるヒントがたくさんあるので、おすすめです!

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。