【iPhone】電車でフルネームをさらさないようにAirDropの設定を確認しよう!

スポンサーリンク

電車に乗っているとき、iPhoneで写真などを共有しようとすると、AirDropに見知らぬ人が表示されることがあります。(写真は自宅で撮ったもの。電車でスクリーンショットは撮りにくいので。)

なかにはフルネームが表示されている人もいます。状況によっては特定することもできそうです。

この状態では誰からでもファイルやリンクを送れます。もちろん、悪意のある人からも…。

これはセキュリティ上、非常にまずいです。

AirDropの検出範囲は「オフ」か「連絡先のみ」にしておく

AirDropの検出範囲を「すべての人」にしていると、近くにあるすべてのiPhoneに自分のiPhoneが表示されてしまい、ファイルを送信できてしまいます

検出範囲を「オフ」または「連絡先のみ」にすれば、知らない人のiPhoneに表示されることはありません。

AirDrop検出範囲の設定方法

1.画面下端からスワイプしてコントロールセンターを出す。

2.「AirDrop」をタップする。

3.「オフ」または「連絡先のみ」をタップする。

AirDropで表示される名前について

連絡先に登録されている人は、その登録名が表示されます。

一方、連絡先に登録されてない人は、設定アプリの「一般→情報→名前」に登録されている名前が表示されます。

ここに本名を登録し、検出範囲を「すべての人」にしていると、本名をさらすことになります

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。