文章力を鍛えると決意したら文章を書くことが楽しくなった!

スポンサーリンク

ここのところ、文章を書くことが楽しい、と感じています。

文章に対して、こういったポジティブな感情を抱くのは、これまで経験がありません。むしろ、ブログを始める前は大っ嫌いでした。

もっと文章を書きたい!

日常で文章を書くのは、このブログの執筆だけで、毎日1時間ちょっと、多くて2時間くらい――まとまった時間ではなく細切れの時間――です。

これでは飽き足らず、もっと文章を書きたい、という気持ちが沸き上がってきています。

とはいえ、時間があればあったで、書くのがイヤになるのかもしれません。時間がないからこそ楽しめている面もあるでしょう。人間とはわがままななものです。

書くことが楽しくなったきっかけ

文章を楽しめるようになったきっかけは、文章を上達させよう、と決意したことです。

ご覧のとおり、私は文章がうまくはありません。

といいつつ、最近は少し文章力が上がってきたという手応えもあります。気のせいかもしれませんが。

読者の目にどう映っているか分かりませんが、少なくとも自分自身で、少しレベルアップできたかな、と思える変化はあります。表現の幅の広がり、文章がするする出てくる、ひとつの文章を組み替えて読みやすくするなどです。

今の下手くそな文章からさらに上達していける、そう考えるとワクワクします。これは未熟だからこそ体験できることです。

文章力を鍛えるため、好きな文章を研究して「好きな文章の型リスト」を作ったり、

参考:文章力を鍛えるために「好きな文章の型リスト」を作る! | さいんぽすと

「名文」を書けるようになる本を読んだりしています。どちらの本もおもしろい!

ブログがあってよかった!

文章の楽しさを覚えて思ったのは、ブログがある時代に生まれてよかった、ということです。

ブログがなければ、ひとりで紙に文章を書きつけるしかなく、人に読んでもらい感想を聞くこともできません。これでは文章の楽しさに気づけなかったでしょう。

ブログのおかげで、世界中の人に――読まれるかは別として――自分の文章を届けることができます。

自分の文章を、読んでくれる人がいて、感想まで届けてくれる。これはすばらしいことです。

たとえ、アクセスが少なく、多くの人に読まれないとしても、一人でも読んでくれている人がいることに、感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです

あとがき

今まで、ブログのアクセスを増やすために記事を書く、という気持ちがあり、アクセスの増減で少なからず一喜一憂していました。

しかし、今は単純に書くことが楽しく、もっともっと書いていたいと思うのです。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。