幸せになるために、きちんと幸せを味わう

スポンサーリンク

2ヶ月間やっていた「今日を10点満点で評価する」をやめることにしました。

これは、一日の終わりにその日を振り返り、点数を付けていくものです。できるだけ高い点数を目指す、つまり、一日を充実したものにしようという意識を持つのが目的です。

これをやめる理由は、やっていてあまり楽しくないこと、得られるものがなかったことです。

それよりももっと大切なことに気づきました。

きちんと幸せを味わう

写真やライフログとして、毎日を記録することよりも大切なことがあります。

きちんと幸せを味わう」ことです。

最近、幸せを感じたのはいつですか?

幸せを感じられない人は、見えていないだけです

幸せはどこか遠くにあるものでもないし、特別な人にだけ訪れるものでもありません。今も昔も、そしてこれからも自分と共にあるものです。

今日を、今この瞬間の幸せをきちんと味わうことです。

幸せを味わおうとしないのは、たとえるなら、三ツ星レストランのおいしい料理を、目を閉じ、鼻をつまみ、丼でごちゃ混ぜにして一気にかきこみ、舌で味を確認する間もなく水で流し込んでいるようなものです。とてももったいないことです。

きちんと幸せを味わうため、最近、私が始めたアクションを紹介します。

毎日幸せをノートに書く

毎日幸せを探してノートに書きます

幸せを探すだけではダメです。文字として記録することが必要です。

記憶はすぐに消えていきますが、ノートの綴った幸せは蓄積していきます。

蓄積した幸せを目にすると、「自分は幸せなんだ」と思わざるを得なくなります。これが狙いです。

「自分は幸せなんだ」と思い始めると、さらなる幸せが引き寄せられ、もっと幸せを感じる。というプラスのスパイラルが起こるのです。

デジタル大好きな私ですが、ここはアナログでいきます。手書きの方がゆっくり幸せを味わえるからです。

ノートを書くのは、一日の終わりである必要はありません。朝、昼、晩に少しずつ記入していく方がいいでしょう。その方が24時間に満遍なく散りばめられた幸せを見つけやすくなります

記入する幸せはどんな小さなものでも構いません

私の場合、「梨がおいしかった」「子供たちと遊んだ」「赤ちゃんを抱っこできた」など、毎日当たり前にやっていることばかりです。

この当たり前すぎて見過ごしてしまっている「小さな幸せ」をきちんと味わうことが大切です

また、たくさん見つける必要はありません。はじめはひとつだけでもいいのです。

これまで幸せに目を向けてこなかった人は、なかなか見つからないかもしれません。

見つからなければ、一言だけ、「今日も生きてる!」と書きましょう。実はこれ、人生最大の幸せです。

毎日繰り返して探す癖が付けば、次々と幸せが見つかるようになります。

幸せになるために、きちんと幸せを味わいましょう。

Posted from SLPRO X for iPhone.

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。