過去の自分を恥ずかしいと思う気持ちと感謝

スポンサーリンク

ふとした瞬間に、過去のできごとを思い出すことがあるのですが、そこにはいつも「ぶん殴りたくなる自分」が姿を現します。

「なんであんなことをしたんだろう」、という後悔や恥ずかしい気持ちで胸を締め付けられるのです。

過去を思い返すのは懐かしいだけではありません。そういった苦いものが一緒に飛び出してきます。

成長しているから過去を悔やめる

過去の苦い経験を思い出すのはつらいこと。

でも、こうして過去を恥ずかしがる感覚は大切なものです。

過去を恥ずかしいと思えるのは、その時点より今の自分が成長しているから。成長できているからこそ、過去の過ちに気づくことができるのです。

まったく成長していなければ、当時と同じ感覚なので、ただ懐かしいと思うだけでしょう。

「あの頃はよかった」と思い始めたらおしまいです。それは、成長するどころか、衰退し始めている証拠です。今の自分より過去の自分の方がよかったと感じている状態。

自慢気に過去の栄光ばかりを語る人がいますが、それは今が輝かしいものではない、また、未来に希望がないと言っているようなものです。

過去の自分に感謝する

過去の自分を思い起こすことは恥ずかしいですが、そんな「ぶん殴りたくなる自分」がいたから、今の成長できた自分がいるのです

「ぶん殴りたくなる自分」だって、その時点での能力を最大限発揮して精一杯生きていました。ただ、今の自分より知識も経験も乏しいため、そんなことをしてしまっただけです。

そんなダメな自分だったからこそ、今の自分になるために必要な経験をすることができたのです

そう考えると、「ぶん殴りたくなる自分」にも感謝の気持ちが湧いて、愛おしく感じてきます。

過去の自分をぶん殴るのではなく、「ありがとう」「がんばったね」「おかげでここまで成長できたよ」、という言葉を掛けてあげたほうがよさそうです

こんなことを書いている自分も、5年後の自分に「ぶん殴りたい」と思われるのでしょう。

だから、未来の自分にメッセージを残しておきましょう。

「今、自分の人生を楽しめている。未来の自分の目にどう映るのか分からないが、私は精一杯生きている。より充実した人生にするため、日々、変化し続けているのだ」

Posted from SLPRO X for iPhone.

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。