テレビをやめるための2つのルール

スポンサーリンク

もう何年もテレビを見ない生活をしています。

子供と一緒に録画したアンパンマンやドラえもんは見ますけど、自分から積極的に見ることはありません。というか、見たいものがありません。

一人暮らしなら間違いなくテレビを捨てています。

私は子供の頃からテレビっ子で、大人になってからも、自宅に帰るとまずはテレビをつけていました。テレビの音がないと落ち着かなかったのを覚えています。

そんな私がテレビから離れるためにやった方法を紹介します。

テレビをやめるための2つのルール

テレビをやめるために、次の2つのルールを設定しました。

  • ルール1:見たい番組はすべて録画する
  • ルール2:リアルタイムで見ない

詳しく説明していきましょう。

ルール1:見たい番組はすべて録画する

見たい番組は、一旦、すべてレコーダーに録画します。

ここは制限する必要はありません。欲望の赴くままに予約していきましょう。

ルール2:リアルタイムで見ない

見たい番組を好きなだけ見てもいいですが、録画したものに限りますリアルタイムで見てはいけません

録画したものならいくらでも見てください。つけっぱなしにしてても構いません。

自然とテレビから離れていく

録画したものだけ見るようにすると、不思議な現象が起こります。

自分が見たくて録画したはずなのに、見なくなる番組がちらほら出てくるのです

「あっ、これ見てないから、もう予約しなくていいや」

次第にこんな気持ちになってきます。

一切制限してないのに、少しずつ見たい番組が減っていきます

おそらく、惰性で見ている番組が多いということでしょう。

気がつけば、テレビをつけることが減っています。

テレビの時間がゼロにならないにしても、大して見たくもない番組を見なくなるのは良いことです。その分、他のことに時間を使えますから。

あとがき

テレビから少し距離を置きたいけど、つい見てしまう、という方は試してみてください!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。