ようやく早起きのスランプを抜けられた!

スポンサーリンク
IMG_9020

こちらの記事で10月になって朝起きられなくなったこと、それを改善する対策を書きました。

季節の変わり目で乱れた睡眠リズムを元に戻す対策 | さいんぽすと

二度寝を繰り返す日々を過ごしてきましたが、10月も終わりに差し掛かりようやく今までどおり4時起きができるようになってきました。

起きたい気持ちが出てきた

起きられないときは、4時にアラームで目が覚めても起きようという気持ちが皆無で、迷うことなく二度寝に突入していました。二度寝しても気持ちよく起きられるわけではないのがつらいところです。

ところが、10/28くらいから起きたいという気持ちになってきました。アラームで目を覚ますと、起きてからやりたいことが頭に浮かんでくるのです。

寒くなってきて布団のぬくもりが恋しく、すぐに布団からでることは難しいですが、二度寝することなく起きられるようになりました。

寝る時間や生活スタイルは変わってないにも関わらず、このような違いが起こるのはおもしろいですね。

実施した対策

実施した対策としては、前述の記事のとおり、次のことをやっただけです。

  • いつもどおり早寝する
  • お酒を飲まない
  • 自分を責めない

特別なことはなにもなく、いつもどおりの生活をしていただけです。

ただ、早起きできない自分を責めることはしませんでした。

身体のシステムがそうなっているから仕方ないと開き直り、身体が慣れてくるのを二度寝を楽しみながらひたすら待ち続けていました。

ここが重要なのではないかと考えています。

自分を責めると自己否定につながり、「早起きできないダメな自分」になってしまい、復帰するのに時間がかかるのではないでしょうか。

あとがき

「季節の変わり目は気温の変化に身体がついてこられず起きにくくなる」

それを知っているだけで、不必要に自分を責めることなく、心穏やかに身体が慣れるのを待つことができます。

ちなみに、早起きのスランプを抜けるのに3週間近くかかりました。

3週間といえば習慣化に必要といわれる期間と同じです。

身体が変化に対応するにはこれくらいの時間が必要なのかもしれません。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。