フォトリーディングをやめる理由

スポンサーリンク

今年1月から始めたフォトリーディングですが、最近は使っていません。

やめようと決断したわけではないのですが、気がつけばフォトリーディングを使わず普通に読んでいたという感じです。

フォトリーディングを使わなくなったきっかけ

フォトリーディングでは、ソフトフォーカスで本を眺めながら、最初から最後のページまで1秒に1ページめくっていく手順があります。

これは本の内容を潜在意識に取り込んでいく作業で、フォトリーディングの根幹となる部分です。

フォトリーディングを始めたときからこの手順を手間に感じていましたが、慣れれば難なくできるだろうと信じて続けていました。

9ヶ月間、この手順を使って本を読んできましたが、残念ながら億劫さは消えませんでした。

これには私の読む本が電子書籍メインであることも関係しているのかもしれません。

読みたいと思った次の瞬間にダウンロードして読み始めることができる電子書籍

でも、フォトリーディングだともう一手間かけないと読めません

これが非常にもどかしい。読みたい本が手の中にあるのにお預けになってしまうのです。

また、両開きの紙の本と違って、電子書籍ではページ送りがどうしても多くなってしまいます。指先だけの操作ですが、何度も何度もiPhoneでページをめくるのは楽しいものではありません。

これを負担に感じて、次第に普通に読むようになってしまいました。

フォトリーディングの効果を知るためにやめる

フォトリーディングを始めて、かつてない数の本を読むことができました。11/11時点で今年110冊読了は過去最高です。

多くの本を読めたことはフォトリーディングのおかげだと考えられます。

でも、果たして本当にそうなのか。

それは一度フォトリーディングから離れてみなければなんとも言えません。

一旦フォトリーディングをやめてみて、読むスピードや理解力がどう変化するのかを確認してみます。

フォトリーディングの関連記事

2015年の読了数が100冊に到達!(9/17時点)

フォトリーディングを始めて起こった変化

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク