年末ジャンボで10億円当たったときの使い道を考えておきましょう!

スポンサーリンク
slproImg_201508221839570.jpg

年末ジャンボで10億円当たったらなにを買いますか?

今年も年末ジャンボの季節がやってきました。今回は一等前後賞あわせて10億円だそうです。

ちなみに、私は宝くじの期待値の低さを知っているので買いません。

それでも、「10億円が当たったらどのように使おうか?」という妄想をして楽しんでいます。

宝くじで人生を狂わさないように計画が必要

普通の人が10億円もの大金を手にするとパニックになります。

そして、現状維持を良しとする潜在意識の働きの結果、その大金がすっからかんになるのにそう時間はかからないでしょう。

大金を手にしてしまったがために、元の人生よりも悲惨なことになってしまう可能性もあります。

これまで持ったことのない額の大金を手にするのは、大きなリスクを伴うことなのです。

宝くじを買うということは、莫大なお金を手にする可能性が生まれる行為です。

うれしいはずのお金のせいで人生を破綻させないように、お金の使い道をしっかり計画しておきましょう

大金を持った後で冷静にお金の使い道を考えるのは不可能です。あらかじめ計画を立てておくことが肝心です。

私の10億円の使い道

私は年末ジャンボに当選して10億円が当たったらどうやって使おうか、妄想して計画を立てています。

買わないので当たるはずもありませんが、宝くじではなくても、いつどんな形で大金が舞い込んでくるかは分かりません。

私の計画は次のようなものです。

当選金の1割を寄付する

当選金の1割は寄付します。10億円が当たれば1億円です。

どこに寄付するかまでは考えていませんが、社会をより良くしていく団体に使ってもらいたいですね。

当選金の1割でパーっと遊ぶ

当選金のの1割で好き勝手遊びます。10億円が当たれば1億円です。

1億円あればなんだってできますね。iMacをフルスペックで買っちゃうし、回らない寿司も食べにいくし、海外旅行だって行っちゃいます。

一体、どれくらいの期間で使い切れるのでしょうか?試してみたい。

当選金の8割で株式投資

残りの8割は株式投資に使います。10億円が当たれば8億円です。

インデックス投資にするか個別株投資にするかは分かりませんが、買って放ったらかしにします。

配当を平均2%とすると、年間1,600万円もの配当金がもらえます。これだけあれば配当だけで裕福な生活ができます。あまったお金を再投資することでさらに増やします。

株価も配当も景気によって上下しますが、少々下がっても問題ありません。

10億円を消費してしまえば10億円分しか使えませんが、投資すればもっと成長させることができるのです。

あとがき

それにしても10億円というのはすごい金額ですね。それを実際に手にする人がいるのだから驚きです。

10億円はありえないとしても、もう少し0を削れば、突然舞い込む可能性は高くなります。

そのときのために、普段から計画を立てておくといいでしょう。「チャンスは準備ができている人に微笑む」といいますし。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。