第4回広島ぶろがー会を開催しました![2015/11/28]

スポンサーリンク

4回目となる広島ぶろがー会を開催しました。

【参考】11/28(土)「第4回 広島ぶろがー会」を開催します! | さいんぽすと

今回は5名の方が集まってくれました。

初参加の方が1人、2回目の方が2人、主催が2人です。

勇気を出して初めての場に飛び込んでくれるのもうれしいし、もう一度参加してもらえることにも感謝です。

今回は会場を変えて、コワーキングスペース MOVIN’ONのセミナールームを利用。

個室のため、周りの目を気にすることなく語り合うことができました。

ライトニングトーク

今回のライトニングトーク(以下、LT)は、初めて主催メンバーではなく参加者の方で、飴乃ちはれ(@chihare)さんです。

前回、自ら手を挙げてLTに名乗り出てくれました。

LTのテーマは、「誰もが書きたいネタで誰にも書けない記事を書く」です。

多くの書き手がいるありきたりなテーマ――たとえばiPhone――で、どのように差別化していくか、というものです。

ちはれさんが1番伝えたい言葉は、「一番個人的な言葉を探せ」です。

たとえば、新しいiPhoneが出たとき、スペックや値段などは、多くの人が競い合うように記事にします。

それと同じような記事を書いていては、なかなか読まれません。

ちはれさんは、書きたいテーマから連想するキーワードを、思いつくままに書き出すことを勧めています。

書き出したキーワードの中には、自分だけの個人的な言葉が含まれているはずです。

そのキーワードを使って記事を書けば、他の人には書けない自分だけの記事になります。

また、ちはれさんのブログネタを探す方法が独特で、「ねこあつめ」の「今日の合言葉」から連想して記事を作り出しているそうです。

このテクニックを身につければ、ネタ切れとは無縁になれそうです。

ちはれさん、ためになるLTをありがとうございました!

ディスカッション

LT後のディスカッションでは、次のような話題が出ました。

  • 旅行記は感情、気づきだけをメモしておく(Googleで調べられない内容だから)
  • 男性と女性では記事の内容、好みが違う
  • 女性目線の記事を書く
  • テーマごとにブログを分ける?ひとつにまとめる?
  • 好きなブログは同じ記事を何度も読んだりする
  • 特定のテーマについて語りたいか、自分を売りだしたいか
  • ブログの目的は、セルフブランディング、自分の経験で人に役立てたい、同じ興味の人と話をしたいなど様々

今回も多くの気づきをもらえました。

あとがき

一口にブログといってもテーマは様々。人の数だけブログの形がある、ということを強く感じました。

ブログ以外の部分でも共通の趣味があることが判明したり。

広島ぶろがー会を通して、今まで見ず知らずだった人たちがつながっていく。

この場を作って本当によかったと感じました。

あっという間の1時間半でした。次回は新年1月開催予定です。詳細は後日告知します。

参加者のレポート

▼Yukiさん
広島ぶろがー会第4回に参加してきました | Just Keep Living

過去のレポート

第3回広島ぶろがー会を開催しました![2015/10/17]
第2回広島ぶろがー会を開催しました![2015/09/26]
第1回広島ぶろがー会を開催しました![2015/08/22]

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。