夢リストに紙のノートとWorkFlowyを併用する

スポンサーリンク
IMG_0865

夢リストとは、読んで字のごとく、自分の夢を書き出したリストです。

「30過ぎたおっさんが夢とかはずかしい言葉使うなよ」という声が聞こえてきそうですが、華麗にスルーします。夢は何歳になっても大切です。

夢がなくても人生を歩んでいくことはできますが、せっかく与えられた人生だから夢を叶えていく方を選択します。

夢リストはクラウドアウトライナーWorkFlowyで作っています。デジタルですね。

【参考】夢リストをWorkFlowyに作って夢を叶える! | さいんぽすと

階層化、編集、並べ替えが簡単なので、夢を管理するにも適していると思ってのことです。

ところが、夢リストをデジタルで管理することには、デメリットもあることに気づきました。

デジタルのデメリット

デジタルのメリットである「編集」が夢リストに制限をかけることになってしまいます。

夢を書き出す段階では、実現性などは考えず、思いつくままに吐き出していくことが大切です。

しかし、デジタルに書き出した夢リストを見たとき、「これは無理だろう」という思いとともに削除、または妥当な夢に編集してまうのです。

こんなことを繰り返していたら、夢リストではなくタスクリストになってしまいます。

夢を書き出すのは紙のノート

このデジタルのデメリットを補うため、紙のノートを併用することにしました。夢を書き出すのは紙のノートを使います

紙に書き出した夢は、あとから見返して「これは無理だろう」という思いが浮かんでも削除も編集もできません。どんな突拍子もない夢やはずかしい夢も、自分の頭に浮かんだ証拠としてノートに残り続けるのです。

また、手を動かして書くことによって、夢を脳に刻み付けられそうです。

定期的にノートに夢を書き出していきます。

夢を実現するためにWorkFlowyを使う

夢は叶えるには、具体的な行動に落とし込んでいくことが必要です。

この作業は紙のノートよりWorkFlowyの方が向いています。

紙のノートに書き出した夢をWorkFlowyに転記し、夢を叶えるための道筋を作っていきます

あとがき

夢ノートをWorkFlowyにするか、紙のノートにするか、としばらく悩んでいましたが、併用することで決着がつきました。

しばらくこの方式でやってみます。

夢リストに関連する記事

夢リストをWorkFlowyに作って夢を叶える! | さいんぽすと

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。