I-O DATAの無線LAN中継器を購入!電波が弱い部屋の電波状況を手軽に改善できる!

スポンサーリンク

自宅では無線LANでPCやスマホを利用しています。

無線LANルーターは1階の階段下収納の中にあり、2階の部屋には電波が届きにくいようで、MacのFaceTime(ビデオ通話)を利用すると映像や音声が乱れたりしていました。

また、先日購入した無線LANを使うScanSnap iXは、1階で使っていても電波をつかみにくいことがありました。

【参考】スキャナScanSnap iX100のEvernote直接保存が便利!ScanSnap Cloudで各種クラウドサービスに直接送信できる! | さいんぽすと

いくつかハングアウト(ビデオ通話)の予定があるので、電波状況を改善するべく、無線LAN中継器を購入しました。

アイ・オー・データの無線LAN中継器

今回購入したのは、アイ・オー・データの無線LAN中継器です。

購入の決め手になったポイントは次のとおりです。

  • コンパクト
  • 設定が簡単
  • シンプルでおしゃれ
  • 安い

▼こんな形をしています。

▼コンセントに直接差し込みます。写真では分かりにくいですが、となりのコンセントには干渉しないサイズです。

設定方法

設定方法はとても簡単で、無線LANルーターの「WPSボタン」を長押しした後、無線LAN中継器の「WPSボタン」を長押しするだけです。

PCやスマホの設定は無線LANルーターのままでつながります。

本体中心のランプで中継器の状況が分かるようになっています。

▼未接続の場合は赤。

▼無線LAN設定中は緑。

▼接続したあとは、ランプの色で電波強度が分かります。

  • 電波が強い、普通のときは青の点灯
  • 電波が弱いときは青の点滅

設置場所を変えたいときは、コンセントを差し替えるだけです。

使用した結果

無線LAN中継器を設置してハングアウトをやったところ、映像や音声が乱れることなく、快適に利用することができました。

また、ScanSnap iXも今までと同じ場所で、問題なく電波をつかめるようになりました。

あとがき

自宅で電波が届きにくい部屋がある場合は、手軽に電波状況を改善できるのでおすすめです!

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。