もう二日酔いにはならない!お酒をコントロールする5つのコツ

スポンサーリンク

お酒をコントロールするコツが分かってきました。

【参考】今年は「お酒のコントロール」を身につける | さいんぽすと

12/20の激しい二日酔い以降、忘年会2件、お正月、新年会1件、旅行を、二日酔いなしで乗り越えました。これは自分にとって快挙と言えるものです。

そこで同じように二日酔いで苦しい思いをする人のために、私が実践して効果があったコツを紹介します。

お酒をコントロールする5つのコツ

お酒をコントロールするためには、次の5つのコツが効果的でした。

  1. 事前に飲む量を決めておく
  2. 飲み会の前に水を飲む
  3. ちびちび飲む
  4. 料理を味わう
  5. 空気は読まない

1つずつ詳しく説明しましょう。

1.事前に飲む量を決めておく

ビール2杯、日本酒1杯、カクテル1杯など、事前に飲む量を決めておきます。

二日酔いにならないためには、今までより少なくする必要があります。

もちろん、その場の雰囲気や酔った勢いで守れないこともありますが、決めてないよりは良い結果になる可能性が高くなります。

私の場合、決めてないと延々とビールを飲み続けてしまうので、この方法は有効でした。

2.飲み会の前に水を飲む

乾いた喉に冷たいビールを流し込むのは最高です。

でも、そこでスイッチが入って勢いづいてしまい、つい飲み過ぎてしまいます。

それなら、ビールの前に水で喉の乾きを癒やしておこうというわけです。

あの感覚を味わえないのは少しもったいない気もしますが、二日酔いの苦しみに比べれば些細なことです。

3.ちびちび飲む

今までどおりのペースで飲んでいては、あっという間に決めた量に達してしまいます。

ゆっくりと自分に最適なペースで、味わいながら飲みます

事前に飲む量を決めているからこそ、1杯のありがたみに気付けるのです。

4.料理を味わう

空きっ腹にお酒は最悪の結果を招き、翌日後悔することになります。

まずは料理を食べることに専念しましょう。しっかりと味わって食べるのです。

料理でお腹を膨らませれば、ビールを飲みたい気持ちは弱くなります。

以前の私は、ビールでお腹が膨れて料理が食べられないという、これとは真逆の最悪のパターンでした。

5.空気は読まない

ゆっくり飲んでいると周囲からの圧力が掛かってきます。

「おい、全然飲んでないじゃないか」

「グラスをあけろ」

「オレの酒が飲めないのか」

「空気読めよ」

言葉で言われなくても、なんとなくそういう感じが伝わってきます。

でも、そんな圧力は無視です。

二日酔いになっても誰も助けてはくれません。自分の身は自分で守らなければいけないのです。

無理矢理グラスにビールをつがれても、口を開ける開けないは自分次第です。

今まで飲んでいた人が飲まなくなると目立つかもしれませんが、何回か繰り返していると「飲まないキャラ」が確立して目立たなくなるのではないかと思います。

ようやく気づけた自分のおかしな考え方

お酒のコントロールを始めて、自分のお酒に対するおかしな考え方に気付きました。

「足りなかったらいけない」からビールを2缶買う

ビールを購入するとき(買い置きはしないのでその都度購入する)、「足りなかったらいけない」からと2本買います

「足りなかったらいけない」ってなんだろう?

時間内にビール2本飲むために急いで飲む

自宅でビールを飲める時間は、子供が夕食を食べ終わるまでです。

この時間内に「足りなかったらいけない」と用意した2本のビールを飲むため、急いで飲むことがあります。

自分の飲みたいペースで飲んで、1本で時間いっぱい飲めるなら、それでいいはずです。

でも、「買ったんだから飲まなきゃ」というよく分からない根拠を持ちだしてくるのです。飲み放題の時間内にできるだけたくさん飲んで元を取ろう、という意識に近いものを感じます。

 

自宅で飲むときは、ビール1本で十分だということが分かりました。ようやく。

これからは、足りなくても問題ないから1本しか買わないし、1本をゆっくり味わって飲むことにしました。

あとがき

できている人にとっては当たり前なことばかりですね。それに気づくのにずいぶんと時間がかかりました。

飲み会の度に二日酔いで苦しいでいる人は試してみてください!二日酔いにならないのは本当にすばらしいことです。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。