一日一話絵本読み聞かせを一ヶ月やって起こった2つの変化

スポンサーリンク

1月4日から、毎日寝る前にこの本を子供たちに読み聞かせています。

【参考】頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話、3分で大人も子供も楽しく絵本の読み聞かせができる! | さいんぽすと

1日も休むことなく、読み続けてきました。というより、休ませてもらえない、という方が正しいでしょう。

私「今日はもう遅いから絵本は無しね」(実はめんどくさいだけ)

娘、息子「366!366!366!」(366は本のタイトル)

私「はい、わかりました……」

こんな感じです。

最初は、1日1話のつもりでしたが、娘も息子も「読んだよシール」を貼りたがるので、毎日2話読む羽目になっています。

ただ、2話読んでも6分くらいしか掛からないため、それほど負担には感じません。

毎日新しい物語を読めて飽きないのも、継続できる要因です。私も読んだことないものが多いので、楽しんでいます。

一日一話絵本をはじめてから起こった変化

この本の読み聞かせをはじめてから、子供たちと私に変化が起こっています。

  • 「これ読んで」と絵本を持ってくることが増えた
  • 読み聞かせに対する苦手意識がなくなった

この本以外の絵本も「読んで」と持ってくることが多くなりました。本を読むことに楽しさを覚えたのでしょうか。

また、絵本の読み聞かせが苦手だった私は、今までのような面倒くささを感じることがなくなりました。毎日読み続けたことで、読み聞かせに慣れたのでしょう。

これをきっかけにして、子供が本を好きになってくれたらいいな、と思います。そして、将来的には、子供たちと読んだ本について語り合ったりしたいです。

あとがき

「寿限無寿限無(中略)ポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助」で、子供たちの腹筋が崩壊したり、「小僧さん」という言葉で息子が毎回ケラケラ笑ったり、毎日とても楽しいです。

寝る前のたった6分ですが、親子の大切な時間になっています。

子供との時間が取れない人、読み聞かせは苦手だけど子供に本好きになってほしい人、自分に読書の習慣を付けたい人におすすめです!

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。