ブログを長く続けるために「連続更新記録」は無視しよう!休んだってイーンダヨ!

スポンサーリンク

ブログを休みなく毎日更新し続けるより、休みながらでも長く続ける方がいい

ブログは毎日更新を心がけていますが、あくまで「方針」であって「目標」ではありません

連続更新記録を目標にする問題点

毎日更新を「目標」にしてしまうと、それを測る指標は「連続更新記録」になってしまいます。何日途切れることなくブログを更新できたか、という数字です。

この数字は増えていくのは達成感があり、途切れさせないための強力な動機になります。

その反面、途切れたときの落胆が大きくなります

連続日数が積み上がっているほど、つまり、それまでがんばってきた人ほど、大きなダメージを受けてしまうのです。

これまで努力して積み重ねてきたものが、たった1日休んだだけで、ゼロになってしまうのはあまりにも無慈悲です。

旧ブログで毎日更新を目標にしてブログを書いていましたが、180日連続更新を達成したあとに更新が途切れたことがきっかけで、急激にやる気がなくなりました。

「途切れてはいけない」という気持ちでブログを書き続けるのはしんどいことで、疲れてしまいます。

正直、連続更新記録が途切れたかどうか、気にしているのは自分だけです。読者のほとんどは途切れたことに気づきません。

長くブログを続けていこうと考えている人は、連続更新記録にこだわらない方がいいでしょう。

だから、私は「連続更新記録」は追い掛けていません。

累積記事数を増やすことを目指す!

その代わりに指標にしているのが、「累積記事数」です。

【参考】ブログの累積記事数が500本に到達!1000本を目指してさらに更新頻度を上げていきます! | さいんぽすと

この数字は、努力を積み重ねた分だけ、記録に反映されていきます。しかも、減ることもゼロになることがありません

昨年6月から毎日更新を目標にしていますが、8ヶ月たった今も楽しく書けているし、更新頻度も高く保てています。

毎日更新しようと思っていても更新できない日、更新したくない日はあります。そんな日は、「今日は更新せず、また明日からやろう」と割り切れます

休むことに対する罪悪感がないから、翌日からまた書き始めることができます。

モチベーションの波が激しく上がり下がりするのを抑えている、といえます。

連続更新記録を目的にする場合、記録が続いている間はモチベーションが高くなっていきますが、途切れると急激に下がってしまいます。

一方、累積記事数を指標にする場合、モチベーションが極端な動きをすることなく、毎日淡々と書き続けることができるのです。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。