バルミューダ ザ・トースターの「フランスパンモード」がすばらしい!外はパリッと中はふっくら焼ける!

スポンサーリンク
slproImg_201602150810520.jpg

フランスパンをこんなにおいしく焼けるとは……。

「バルミューダ ザ・トースターで焼いたトーストに感動した」という記事を書きました。

【参考】バルミューダ ザ・トースターを購入!「感動のトースト」で気持よく一日をスタートできる!

しかし、「感動のトースト」は、ザ・トースターのまだほんの序の口でした。

「フランスパンモード」で焼いたフランスパンが、驚きのおいしさだったのです。

フランスパンモードで焼いてみた

左から3番目の「フランスパンモード」にダイヤルをあわせて、3分焼きます。(写真があってないのはごめんなさい)
slproImg_201602040717410.jpg

普通のトースターでフランスパンを焼くと、表面が焼けすぎたり、中が温まってなかったりします。これは一定の温度で焼き続けるから仕方ありません。

一方、ザ・トースターはパンの種類に応じて、最適な温度制御をするのと、スチームを使用するので、フランスパンがおいしく焼けるのです。

今回は、明太フランスを焼いてみました。

焼き上がりがこちら。表面が焼けすぎることなく、いい感じで焼けています。
slproImg_201602150810520.jpg

横から見たところ。(手でちぎって断面が雑ですいません)
slproImg_201602150812491.jpg

食べてみた

手で割ってみると、パリパリパリという音がしました。

中の明太子クリームも焦げていません。
slproImg_201602150812492.jpg

表面は音のとおりパリパリのサクサク、中はしっかり温まり、ふっくらしています。

焼き立てのフランスパンを食べているような気分になりました。

あとがき

「フランスパンモード」と「クロワッサンモード」を使えば、食パン以外のパンを焼くことができます。

これらのモードを使うと、他のトースターとの違いがよく分かります。

このモードこそ、バルミューダ ザ・トースターの真骨頂でした。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。