どうして3人以上になると話せなくなるのか? 【自問自答トレーニング①】

スポンサーリンク
slproImg_201511080552250.jpg

山口拓朗さんの「書かずに文章がうまくなるトレーニング」に「自問自答トレーニング」があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【参考】書かずに文章がうまくなるトレーニング by 山口拓朗――自問自答トレーニングでブログの文章に深みを持たせる

「自問自答トレーニング」は、文章を上達させるためのトレーニングのひとつです。

本書には、数多くのトレーニングがありますが、まずはこのトレーニングを集中的にやります。

このトレーニングで文章を作り、ブログにアップすることにしました。人の目にさらした方が継続しやすいとの考えです。

テーマを決めて自問自答で文章を作り、完成した文章と自問自答の流れを公開します

今回のテーマは、「どうして3人以上になると話せなくなるのか?」です。

今回のテーマ:どうして3人以上になると話せなくなるのか?

まず「自問自答」を書き出して、「完成した文章」を作りました。

完成した文章

会話に参加する人数が3人以上になると、他の人の会話を聞くばかりになってしまい、話せなくなってしまいます。

他の人が話し始めるかもしれない、と考えてしまい、話し出すタイミングをつかむのが苦手なのです。

たとえるなら、長縄跳びで入るタイミングが分からなくてなかなか入っていけない、という感じ。

それに加えて、自分が話さなくてもその場の会話は成立してしまうので、「話さなければ!」という動機が弱くなってしまいます。

その場に適した話題を探すのも苦手です。

「この話題を振ったら話の流れがおかしくなるかもしれない」と考えてしまい、話を切り出せません。

誰に対してもというわけではなく、プライベートの仲の良い人は問題ありません。仕事関係や初対面の人など、気を使う関係だとそうなりやすいです。

一方、2人きりの会話なら話しやすいですね。

話すのが自分か相手しかいないので、タイミングがつかみやすいし、自分が話さないと会話が成り立たないからです。

これの何が問題かというと、私が話さなくてもその場の会話が成り立っていますが、「この人全然しゃべらないな。おもしろくない人だ」と思われる恐れがあることです。

できれば、もっと会話に参加し、楽しみたいのです。

そのために、相づちをしっかり打つ、リアクションを大きくする、相手の話した内容に質問する、会話力をアップするための本を読む、という対策を考えています。

自問自答

質問 3人以上になると話せなくなるとはどういうこと?

答え 他の人の話を聞くばかりになってしまいます。

質問 どうして話さないの?

答え 他の人が話し始めるかもしれないと考えてしまい、話し出すタイミングをつかみにくいのです。それと、自分が話さなくても会話が成立してしまうからです。

質問 分かりやすいたとえはある?

答え 長縄跳びで入るタイミングが分からなくてなかなか入っていけない、みたいな感じです。

質問 他にも苦手な理由はある?

答え その場に適した話題を探すことが苦手です。「この話題を振ったら話の流れがおかしくなるかもしれない」と考えて、話を切り出すのが苦手です。

質問 どんな人でも?

答え プライベートで仲の良い人は問題ありません。仕事関係や初対面の人達など、気を使う関係だとそうなりやすいです。

質問 2人の場合はどう?

答え 2人の方が話しやすいです。

質問 2人だと話しやすいのはどうして?

答え 話すのが自分か相手だけなので、タイミングがつかみやすいし、自分が話さないと会話が成り立たないからです。

質問 何が問題?

答え この人全然しゃべらないな、と思われるのがイヤです。

質問 どうしたい?

答え もっと会話に参加したいです。

質問 どうすればいい?

答え 相づちをしっかり打つ、リアクションを大きくする、相手の話した内容に質問をするなど。

質問 他にできることはある?

答え 会話に関する本を読む。

あとがき

するどい質問をするほど、読者を惹きつける文章になるそうです。

魅力的な文章を書けるように、このトレーニングを積み重ねていきます。

無料メルマガをはじめました!

毎日配信を基本として、1回の配信に1つのテーマでサクッと読める分量でお届けします。

自分らしく生きるための気づき、明るい家庭を築くための工夫、生活を楽しくするためのアイデアなど、私が自分らしい人生を歩むための「動き」を発信します。その小さな動きが、読者のみなさんの「動き」につながっていけばいいなと願っています。

▼登録はこちらから。

さいんぽすと無料メルマガ登録フォーム

メールアドレスと名前を入力して「登録」を押すと、仮登録メールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録となり、購読がはじまります。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングのご案内

現在、もっと短時間で気軽に受けられるコーチング「ファストコーチング」を提供しています。

くわしくはこちらをご覧ください。

コーチングをもっと身近に!「ファストコーチング」はじめます!

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク