インフルエンザや風邪による発熱で子供のアトピー肌がキレイになる理由を調べてみた

スポンサーリンク
slproImg_201512171539540.jpg

子供が熱を出すと、肌がキレイになる

そんな経験をしたことはありませんか?

うちの子供たちは、アトピーのような肌荒れがあり、息子(2歳)はお腹が乾燥してカサカサ、赤ちゃん(7ヶ月)は頬がガサガサになっています。

この度、残念なことに、子供たちがインフルエンザにかかってしまったのですが、不思議な発見がありました。

インフルエンザにかかってから、息子のお腹がサラサラになり、赤ちゃんの頬も肌荒れが少し改善しているのです。

以前にも、風邪をひいた息子に同じようなことがありました。

発熱と肌荒れにはなにか関係があるのかもしれない、と思い、ネットで調べてみました。

仮説:免疫システムがインフルエンザや風邪ウイルスの退治に向かうから

こちらの記事で3つの仮説が紹介されていました。

【参考】高熱が出るとアトピーが良くなる?

その中で、私の興味を引いたのが、「免疫システムの変化」という仮説です。

ポイントは次のとおり。

  • アトピーは免疫異常、免疫過剰の状態
  • インフルエンザや風邪のウイルスから身体を守るため、免疫システムを総動員でウイルスをやっつけにいく
  • ウイルスと戦っている間、アトピーの原因となっていた免疫異常、免疫過剰が一時休止する
  • アトピーの症状が一時的に改善する

あくまで、仮説ということなので、真偽の程は分かりませんが、興味深い話です。

人間の身体はおもしろいものですね。風邪でしんどいのに、肌はサラサラになっているのです。

肌が改善するのは一時的なものですが、その間にスキンケアをしておくといいそうです。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。