あなたの1日は27時間になる。 by 木村聡子 ー 忙しい毎日に自分の時間を増やす方法

スポンサーリンク

木村聡子さんの「あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法」を読みました。

この本を読んだ理由

毎日ブログを書いたり、本を読んだりして、子供が3人いる割には自分の好きなことはできています。

それでも、まだ「もっと時間があれば」という思いがあります。

もし時間を増やすことができれば、生活全般がもっと豊かになります。

その方法を知りたくて、本書を手にしました。

どんな本?

もちろん、タイトルにあるように一日が27時間になる魔法があるわけではありません。

生活スタイルや意識を改善し、仕事のやり方を変え、効率化やスピードをはかることを目指します

今まで残業しないと終わらなかった仕事を、短い時間で終わらせることができれば、その分自分の時間が増えることになります。

3時間短縮すれば、今までより3時間増えることになるので、一日が27時間になったようなものです。

本書の内容を実践すれば、3時間の短縮は決して難しいものではないと思います。

自分の生活に取り入れたいと思った内容を紹介します。

一日をデザインする

やるべきことはTodoistで管理はしていますが、「どれをいつやるか」はまったく計画していません。

起きてから寝るまで、今までやってきたとおりに行動したり、そのときの気まぐれで行動するので、気がついたら夕方だったということになります。

その中には、今やる必要のない行動も多く含まれているから、困ったもの。

そのような事態防ぐために、「一日をデザインする」ことが有効。

朝起きてから寝るまでの行動を、自分でデザインするのです。

小学校の時間割をイメージすれば、分かりやすいでしょう。

いきなり完璧なデザインはできないので、まずはたたき台を作り、試しながら改善していきます。

仕事だけでなく、ついダラダラ過ごしてしまいがちな休日を大切にするためにも使えます。

集中力を持続する上手な休憩方法

仕事中、特に休憩時間を決めていないので、ダラダラと仕事していることに気づきました。

作業中とも休憩中とも言えない時間があります。

本書で紹介されている「ポモドーロテクニック」を取り入れみようと思います。

ポモドーロテクニックとは、25分の集中と5分の休憩を繰り返すものです。

休憩をきちんと決めることで、メリハリをつけて作業に集中できるようになります。

パソコンのファイルを「ラクに探せる」ようにする

パソコンのファイルを開くのに何回もフォルダを開いていませんか?

次のような工夫をすれば、ファイルを探すのが楽になります。

  • パソコンのフォルダは階層を深くしない
  • ファイル名の命名ルールを決める
  • 検索する

私は、4階層くらいあるフォルダをひとつひとつ開いて探していました。

ファイルがどこにあるか覚えているから探すことはないものの、フォルダをたくさん開くのは無駄な作業です。

ファイル名の命名ルールを決めて、さっと取り出せるようにしていきます。

一日一捨

片付けても片付けても、モノはあっという間に増えていくものです。

本書では、毎日1つのモノを捨てる「一日一捨」を提案。

捨てるのは、モノだけでなく習慣なども含みます

毎日不要なものを手放していくことで、モノを探す時間、整理整頓する時間を短縮することができ、さらには、「必要なもの」を見極める力が養われるのです。

あとがき

本書を読んでいると、自分の時間の使い方には、まだまだ改善の余地がたくさん残されていることに気づけました。

やりたいことをやる時間を増やすために、ひとつずつ取り入れていきます。

コーチングのご案内

コーチングを受け付けています。

対面でも、遠方の方はSkypeでも対応できます。

無料の体験セッションもあるので、気軽にお問い合せください。

コーチングについて

定期購読のご案内

記事をご覧いただきありがとうございます!

お役に立ちましたらシェアしてもらえるとうれしいです。

Facebookページに「いいね!」やTwitter&Feedlyに登録すれば、最新記事を定期購読できるので便利です。

下のボタンから登録できます。

follow us in feedly
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。